【腰痛を治す】効果抜群!腰痛の原因とお風呂で改善ができるストレッチ

【腰痛を治す】効果抜群!腰痛の原因とお風呂で改善ができるストレッチ

みなさん、腰痛の対策や改善にしっかり取り組んでいますか?

何をするにも腰痛が原因で、仕事や家事・勉強などをするにも痛みが気になって捗らないことや、腰痛をかばう事で他のところに痛みが出てきてしまったり、睡眠中も寝返りを打つたび痛くて目が覚めてしまうというような思いをしている方は、沢山いると思います。

しかし、腰痛で整形外科に行っても骨に以上がない「慢性腰痛」などの場合は、痛み止めや湿布薬、塗り薬など一時的に痛みがなくなるような薬を処方され様子を見ていく形が多いと思います。

また、腰痛に良い運動なんかも教えてくれたり、あとは痛い腰を抑えながら電気治療に通わなければならないなど、なかなか腰の痛みが取れなく長い間悩んでいる方はいると思います。

今日は、痛みが強すぎて動けないなどの時には痛み止めや湿布薬なども必要ですが

その原因をしっかりと把握して簡単に腰痛の改善・緩和ができるように

お風呂で簡単に実践ができるストレッチ

をご紹介します。本当に簡単ですのでぜひ毎日試してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

腰痛が起きる主な原因

まずは原因についてですが

腰痛の主な原因は、姿勢や老化、筋肉です。

また、ダイエットで腰痛になってしまったという方もいるようです。

参考記事:【ダイエットで腰痛に!?】放置すると危険!腰痛の原因と改善方法

私達の背骨は、椎間という短い骨がつながって横から見るとゆるやかなS字カーブになっています。

椎間の間には、クッションの役割がある椎間板があります。

1.筋肉

背骨は、上半身の重さを分散してくれたり衝撃を吸収してくれる働きがあります。

更に、腹筋と背筋により前後から背骨を支えてくれていまが、運動不足や老化などで筋肉がない状態になってくると、背骨のS字カーブが崩れていきます。

筋肉は収縮を繰り返し血液を心臓に送っています。しかし、筋肉が硬くなると血管を圧迫してしまいその結果、血流がわるくなってしまいます。

2.姿勢

仕事などで長時間同じ体制をしていたり、パソコンを長時間使っていたり、猫背などの重心が前かがみになってしまっていたり、立ちっぱなし座りっぱなしなどの姿勢の悪さや同じ姿勢を長時間する事で、腹筋を使わなくなるために、体の両側や背面に負担がかかってしまい腰痛がおきてしまいます。

そのことから、正しい姿勢が崩れ靭帯や背骨の周りの筋肉や腰の辺りの腰椎の5つの椎骨へ負担が大きくかかってしまったり、姿勢を正そうと筋肉が緊張するため腰の痛みがでてきてしまいます。

痛みが出てきてしまうと、正しい姿勢ができなくなったり体を動かさなくなることで腰痛が更にひどくなるパターンが多いようです。

3.肥満

肥満により、関節や背骨への負担がかかり腰痛がおきてしまいます。

内臓脂肪・皮下脂肪による圧迫や関節の動きの制限などがあり、腰回りの筋肉も衰えてしまいます。

皮下脂肪にお悩みの方には以下の記事の方法もおすすめです。

参考記事:【贅肉とサヨナラ】皮下脂肪にはメソセラピー!その効果とは?

このような事が主な腰痛の原因になりますが、動いてなくても我慢できない程の痛みが長い事続いたり、突然の激しい痛みを伴ったり、しびれがひどい場合などは他に原因がある事がありますので、無理をせず病院で検査をしてもらうようにしましょう。

お風呂で腰痛が改善できる超簡単ストレッチ

腰痛のおきる主な原因からわかるように、筋肉の衰えにより姿勢と血流が悪くなり腰の痛みにつながっていることがわかりました。

そのためにも、適度な運動と姿勢に気を付けて、血流を良くする事が腰痛を改善するのに大切なのですが、自宅で手軽にできる改善方法をご紹介していきます。

※お風呂に入り湯船できちんと体を温めていますか?

湯船で体を温める事で、血管が広がり血行がよくなります。血行がよくなった事で滞溜している発痛物質や疲労物質が流されやすくなります。

さらに、浮力により体がリラックス状態になります。

まずは、湯船に入り血流を良くしましょう。

◆入浴中の湯船でのストレッチ

1.腰を左右にひねる

湯船の中では、浮力があることで腰にかかる負担が少なくなるので、無理なくストレッチができます。

体が温まり血行が良くなったとこで、バスタブの縁を両手で持ちながらゆっくり腰をひねりましょう。左右自分に無理のない回数からでかまいませんので、ゆっくりひねりましょう。

2.腰を前後に動かす

バスタブの縁を両手で左右を持ちながら、腰を浮かしたり下ろしたりしましょう。

湯船の中でやれば非常に楽に動かすことができると思います。

こちらも、ゆっくり自分のペースでやっていきましょう。

◆入浴後のストレッチ

1.膝を交互に抱え込む

仰向けの状態で膝を抱え、膝を胸に近づけたり戻したりをゆっくり行いましょう。

入浴後の体が温まっている状態がストレッチするのにベストな状態です。

湯冷めしてしまう前に行ってください。

2.手を組んで背伸びをする

仰向けに寝て、両手を組んで頭の上で伸ばし両足も下に向けて伸ばします。

イメージは、腰を中心に上半身は上方向へ下半身は下方向へと引っ張られる感じです。

背筋を伸ばしたり戻したりを繰り返しましょう。

上記の2つを10回ずつ2セットや時間を決めて5分ごとにするなどして実践してみてください。

継続すればより効果が実感できると思います。

◆お風呂でストレッチをするときの注意点

ストレッチをやるにあたり、痛みが酷かったり無理な状態の時はやらないで下さい。

症状が悪化する可能性があります。

稀にお風呂が腰の痛みをひどくしてしまうことがあります。

炎症がおきていたり神経の異常などがある可能性がありますので、もしお風呂上がりに痛みがひどくなるなどの症状が出た場合は病院に行きみてもらいましょう。

まとめ

いかがでしたか?

すごくシンプルで簡単なストレッチですが実際に疲れている友人に試してみてもらったら効果があったという結果もありました。

腰痛は、日常生活に支障が出てしまうことがあります。ひどくなってしまう前にお風呂などでお手軽にできる改善法を試してみてください。

お風呂で体を温めることは、腰痛だけでなく様々な病気の予防にもつながります。体温が1℃上がると免疫力も上がるといわれていますので、是非、腰痛対策は勿論体を温めて冷え知らずの体作りを心掛けましょう。

ハードな仕事で腰痛だけでなく足の疲れなどにお困りの方にはこんな記事もおすすめです。

参考記事:【むくんだふくらはぎに】足の疲れを取る方法6選!簡単で効果的!

スポンサーリンク
レクタングル大広告