子供の虫歯は出来れば避けたい!気をつけておきたい予防方法

子供の虫歯は出来れば避けたい!気をつけておきたい予防方法

毎回、子供の歯磨きには気をつけていたはずなのに虫歯になってしまった、と悩むママやパパは多いはずです。

歯磨きはきちんとしていたはず!と、子供が虫歯になってしまった事にナゼ?と頭を傾げるママやパパがいると思いますが、勿論歯磨きは虫歯にならないためにはとても大切な事ですが、実は虫歯になる原因は日常の生活にも沢山あります。

今日は、子供が虫歯にならないために普段から気をつけたい予防方法をお話していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

虫歯になってしまう原因

子供だけでなく大人も一緒ですが、虫歯になってしまう原因はミュータンス菌という虫歯菌が悪さをして起こってしまいます。

日常生活の中で何気なく食べさせてるおやつなどの甘い物の食べカスや、ジュースの糖分などをエサにしてプラーク、いわゆる歯垢を増やして酸を出し、歯の表面を溶かし始め虫歯にしてしまいます。

しかし、口内の環境が良ければ、歯の表面を溶かしてしまった状態を唾液中にあるカルシウムで元に修復してくれます。

また、乳歯だから虫歯になっても問題ないと思っている方もいるようですが、乳歯の時点で虫歯菌が口内に増えてしまうことで口内環境が悪くなり、永久歯にも影響が大いに関わってきますので、乳歯が生えた時点で子供の虫歯予防に取り掛かる事が大切です。

口内環境を良くする方法は?

子供の虫歯を予防していくためには、口内の環境を良くしてあげることです。

❏ダラダラおやつを辞める

子供はお菓子を与えれば、いつまでも食べ続けてしまいます。

おやつとしてあげる時間と量をきちんと決めて、与えすぎやダラダラと食べさせる事を今日から辞めましょう。

ダラダラ食べる事で常に口内には食べカス、糖分などが常在しているため酸が出てしまい虫歯になって下さい、とお願いしているようなものです。

また、おやつとしての内容も大切で飴、キャラメル、チョコなどは口内に入っている時間が長いので、あまりおすすめできません。

糖分の多い洋菓子や、歯の間に入りやすいスナック等も気をつけて選ぶ必要があります。

なるべく、おやつ=お菓子ではなく、果物やおにぎりなどに置き換えていくことも虫歯予防につながります。

❏ジュースは避ける

子供が7ヶ月頃になるまでは歯磨きなどがちゃんとできない可能性があるので、なるべく甘い飲み物ではなくお水、お茶などにして甘い飲み物を習慣づける事はやめていきましょう。

❏キシリトールで予防する

白樺などからの植物成分からつくられているキシリトールは虫歯菌を抑えてくれ、歯を強く保ってくれます。

子供の虫歯予防として、専用のキシリトールタブレットなどがあり味も美味しく甘いので、飴代わりにあげたり、食後すぐ歯磨きができない時などに上手に利用していきましょう。

また、寝ている間は唾液が出にくいため口内の菌が増えてしまう環境なので、お昼寝前や就寝前に食べさせることも予防になります。

❏虫歯菌を移さない

母乳しか飲んでいない時期には、子供の口内には虫歯菌はいません。

離乳食が始まって、食べさせるときに大人が使ったお箸、スプーンなどを共有して使うことにより、虫歯菌まで共有してしまうことになります。

絶対にお箸やスプーンなどを一緒にしないようにしていきましょう。

❏フッ素

1番いいのは、定期的に小児歯科へ行き検診と共にフッ素を塗ってもらう事が安心ですが、毎日使用する歯磨き粉にも、フッ素入りがありますので使用していきましょう。

フッ素は、歯の表面が溶け始める虫歯初期の段階ならば、歯を正常の状態に戻すことも期待ができるものです。

口内環境を良くして、虫歯になりにくくする予防をしていきましょう。

❏シーライト

乳歯から永久歯にも対応ができ、虫歯になる可能性が高い歯の凸凹にプラスチックを埋めていき、虫歯になる可能性を低くすることができます。

小児歯科に行き、検診と共にシーライトを埋めてもらい虫歯になるリスクを取り除いてもらいましょう。

❏日常生活の見直し

おやつなどもそうですが、物を食べる時に良く噛む事で唾液が出やすくなり、口内環境を良くする働きをしてくれます。

また、バランスの取れた食材を使い作るご飯には、歯を健康に保つために欠かせない栄養が含まれています。

歯の健康を保つためには、良いタンパク質、カルシウム、リン、ビタミンA.C.Dなどが大切です。

バランスの良い食事を心掛けて行きましょう。

まとめ

子供だけではきちんと自分の口内の環境を管理することはできません。

そのために親であるママやパパが虫歯にさせないために予防していかなければ、大切な歯は直ぐに虫歯菌にやられてしまいます。

歯は、美味しく物を食べたり、喋ったり、人とのお付き合いの中で一生使う大切なものです。

歯を磨く習慣、磨き方、口内環境を悪くしない習慣を教えてあげなければいけない時期なので、きちんと子供と一緒に虫歯予防をしていきましょう。

また、ママやパパがわからないことなども含め、小児歯科に定期的に行く事で指導してもらえたり、早期に発見できたりしますので、定期的に検診に行くこともおすすめします。

関連記事:「子供の歯並びが悪くて気になる…!矯正の費用は?どうしたらいい?」

スポンサーリンク
レクタングル大広告