ダイエットと飲酒の関係性は?

ダイエットと言えば…


ダイエットと聞いて何をイメージしますか?

食事制限・運動・体重管理・細くなる・マッチョになる。など、色々なイメージがあるのではないでしょうか?

一番最初に思い浮かぶのは大抵の人は食事制限など食事に関することが多いと思います。その中でも、飲酒と言った嗜好品について思い浮かぶはずです。

お酒が好きな人にはきっと気になるはず。ダイエットをしていて飲酒するのはタブーなのではないか。

飲んでも良いお酒はないのか?何故お酒を飲んではいけないのか。気になることがあると思います。

ダイエットをするということは、精神的・身体的に苦痛が伴い、ストレスが溜まります。そんなときお酒を飲んで気持を切り替えたり、お酒を飲むことで寝付きやすくなる人もいらっしゃると思います。

でも、お酒を飲みすぎて後悔してしまうこともあるのではないかと思います。

そこで、ここでダイエットするにおいて何故飲酒することがいけないのか、体にどのような影響があるのかをお伝えしていこうと思います。

飲酒することで起こりうる作用について


お酒を飲むと一体どのような体への作用があり、影響が訪れるのでしょうか?

接待や、友達・同僚の付き合いでお酒を飲んだ。気持ちよくいい気分になりますね。体内に取り込まれたお酒はいったいどこへ?

お酒はほとんどが水分ですので、まずは小腸から吸収されます。血液を伝って肝臓へ向かいます。肝臓へ行きます。

そこでは、アルコールを分解する酵素によって分解され炭酸ガスと水に分解され、その時に発生する有害物質は尿となり出ていきます。

炭酸ガスは血液中に溶け込み最終的には体外へ排出されるといわれています。

アルコールを分解するには多くのカロリーが消費されますが、人によってキャパシティは変わってくるため分解する時間やお酒の量も変わります。

お酒を飲みすぎて肝臓のキャパシティを超えてしまうと体内に残ってしまいます。これがいわゆる二日酔いの状態になります。

こんな状態が続くと肝臓には多大の負荷がかかり色々な障害が出てきます。

まずは、体の中のアルコールが多すぎた場合にはその余分なアルコールは分解しきれずに肝臓で脂肪に変わり肝臓にくっついて肝臓が大きくなります。

そして、余分な脂肪は肝臓だけではなく血液中にも流れ込み血管にくっつきます。

すると、肝臓も、血管も脂肪により固くなり十分な働きが出来なくなってきます。

この状態が続くと、脂肪肝から肝硬変になったり、血管が固くなることで切れて内出血。血管内の脂肪が心臓や脳に飛んでいき心筋梗塞や脳卒中といった病気を引き起こします。

こんな状態になってしまうとダイエットどころではなくなってしまいますね。なので、お酒は適量がよいのです。

ダイエットする人は特にお酒は体と相談しながら量を決めて体に無理なく、気長に目標をもってしていただくことをお勧めします。

次の項目では、ダイエット中にも飲めてしまう低カロリーなお酒とおつまみをお伝えしたいと思います。

ダイエット中に飲めちゃうお酒・食べれちゃうおつまみについて


さて、ここでは飲めるお酒・食べれるおつまみについてお話ししようと思います。

ダメなことばかりお話しすると気分が下がってダイエットするテンションではなくなると思います。

なので、飲んでも良いお酒・食べても良いおつまみについてお話ししようと思います。

お酒と言えば、やっぱりビール!お風呂上りにきゅーっと一杯!キンキンに冷えたグラスでごくごくと!なんていうのは定番というより鉄板ですね。

しかし、ビールはお酒の中でも結構な糖質の多さで有名です。なので、カロリーも高くなってしまいます。

そんな時には、シャンディーガフなんてどうでしょうか?ビールにジンジャーエールを加えたものです。グラス一杯でなんと75㎉。

ビール一杯で141㎉なので半分近く減りますね。ビールがどうしても飲みたいという方にはお勧めだと思います。

特にお酒にこだわりがない方には、ビールとよく冷えたトマトジュースを軽く混ぜたレッド・アイなど良いと思います。

グラス1杯で53㎉といった低カロリーなお酒になっています。

おつまみにつきましては、主にたんぱく質やビタミンが多いものがお勧めです。

なぜかというと、たんぱく質やビタミンは肝機能をアップしてくれるからです。疲れた肝臓をいたわる際にもお勧めです。

例えば、お刺身はおさかなに含まれたたんぱく質やビタミンだけでなくミネラルなども含まれているためお勧めです。

生ものが苦手な方は、焼き鳥です。むね肉やささみなど脂質の少ないものをお勧めします。

他にも、乳製品や発酵食品など腸にも優しいものもおすすめです。自分に合ったお酒やおつまみをぜひ試していただきたいです。

スポンサーリンク
レクタングル大広告