ダイエットには欠かせない食事制限の正しい方法について

スポンサーリンク
レクタングル大広告

何故食事制限が必要なのか

ダイエットには必ずと言っても良いほど、食事制限がついてくるのではないでしょうか?

何故食事制限が必要とされるのか、ご存知でしょうか?

そもそも、生きている上で食事というと必ずついてくるものです。

その食事を制限することで、体重を減らす手助けをするということがまず挙げられます。

生きていれば必ず食事はしますからね。食べなければ太らない、でも、食べないと生きていけませんからね。

そして、何より手軽にできますよね。運動するためのシューズやウェアを買う必要もありませんし、日々食べてるものを変えるだけですからね。

カロリーを減らすのか、最近お勧めされている糖質を減らすのかで食事制限の方法が変わってきます。

次は、食事制限をすることでどのような影響が体に起こるのか説明しようと思います。

食事制限で起こる体への影響

ここでは、食べすぎるとどうなるのか。食事制限をすることで体にどのようなことが起こるのかをご説明したいと思います。

まずは、食べすぎるとどうして太るのかについてです。食べすぎるということは必要以上にカロリーや糖質を摂取していることになります。

そうすると、体の中では余分なカロリーと余分な糖質が溜まってしまいます。

余分な糖につきましては、すい臓の機能にあるインスリンでも消化しきれず、脂肪分に変わり内臓にくっついてしまいます。

この状態を臓脂肪が増えるということになります。

内臓脂肪が増えることで、お腹周りのサイズが大きくなり所謂メタボリック、肥満と言われるようになります。

では、この状態を解消するために食事制限をすると体にはどう影響するのかといいますと。

まずは、カロリーや糖質を通常より減らします。減らすだけで完全にカットしてしまうのは体に大きな負担を与えてしまい、体調を崩します。なので、量を減らすようにします。

量を減らすと、必要なカロリーや糖質がないため体は補おうとします。その際に使われるのが、体の中にある内臓にくっついている脂肪です。

脂肪をカロリーを使って燃焼することで糖質へと変えて体中に使用します。そうして体が体調を崩さないように調整されます。

余分な脂肪が減ることで、体の中は動きがよくなり体重も減ってくるのです。

これが食事制限による影響となります。では、正しい食事制限とは何なのかご説明しようと思います。

食事制限の正しい方法について

食事制限といっても、ただ3食の食事のうち1食を抜くようなことや、極端に量を減らすのではないのです。

必要な栄養は取りながら、余分に取りすぎている食事を減らすことで食事制限が成立します。

まずは、太る原因となるのは、糖質や脂質ですね。これは摂りすぎてしまうと肥満となってしまいます。

では、何を摂ればよいのか。主に、食物繊維やたんぱく質の多いものがお勧めです。

例えば、カボチャやニンジンなどの緑黄色野菜・わかめや昆布などの海藻類・キノコ類など食物繊維が多く含まれています。

そして、鶏肉や牛肉の赤身・魚などたんぱく質が多く含まれているためお勧めです。

これらを普段摂取している量より増やし、主食となるお米や麺類などの炭水化物を減らすことで全体の食事量は減らさず食事制限ができます。

お腹にたまらないと感じるかもしれませんが、お豆腐やこんにゃくなどの腹持ちの良いものも使用してみるのもおすすめです。

以上のことを考慮して正しい食事制限をしていただき、健康的なダイエットをしていただけたらと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告