【要注意】糖質制限ダイエットが起こす体への影響と効果について

【要注意】糖質制限ダイエットが起こす体への影響と効果について

ダイエットで効果のある方法として糖質制限という言葉をよく聞くのではないでしょうか?

ダイエットと言えば3食の食事量を減らしたり、抜いたりすることで空腹と戦いながら行うものというイメージの人が多いと思います。

こういったダイエットは食事制限と呼ばれています。

食事制限については過去の記事に詳しく書いています。

ダイエットには欠かせない食事制限の正しい方法とやり方について

しかし場合によっては食事制限というダイエットではなく食事量を減らすのではなく炭水化物などの主食を減らすことで体重を減らす糖質制限がお勧めされています。

そんな糖質制限ですが、このダイエット方法は適切に行わないと身体に良くない影響も出てきます。

なぜ糖質制限がダイエットに効果的だと言われているか。

また食事制限とは違った体への影響を把握して適切にダイエットを行っていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

糖質制限ダイエットは効果があるのか?

糖質制限では主にお米などの炭水化物の量を減らすことで制限をかけていきます。

では何故、総食事量ではなく炭水化物の量を減らすのかご存知でしょうか?

総食事量を減らしてしまうと”空腹感がずっと続いてしまいなかなか続かなかった”という体験をした人が多いと思います。

しかし、炭水化物の量を減らすということは、その他のおかずとなるたんぱく質や脂質等の食べ物はしっかり食べることができるため、食事量を減らすよりも空腹感はないため長続きするのです。

実際に糖質制限を行っている方は習慣化できていれば実感していると思います。

総食事量を気にせず食べられることで無理をすることなく継続しやすいため、食事制限ほど体重管理も難しくないのです。

ダイエットをうまく続けられない方には非常に効果的なのです。

糖質制限ダイエットで起こる体への影響

糖質制限ダイエットをすることで体にどんな影響が起こるのか皆さんはご存知でしょうか?

医学的な面で解説しますと

まず、糖質を摂取することで膵臓が働き始めます。膵臓は糖質が胃の中で消化され血液中に入り込み運ばれてくると、インスリンという消化液を出します。

インスリンの作用により糖質はさらに分解され脳や全身に運ばれます。

この時、糖質が膵臓の消化できる容量を超えると余分な糖質は脂肪へと変わってしまい内臓へくっついてしまいます。

そうすると内臓の機能は下がってしまい、代謝は落ち余分についてしまった脂肪が消化されなくなってしまいます。

糖質制限は余計な糖質を抑えることで、脂肪が体中にくっつくのを防ぎ、余分な脂肪を燃焼してもらうために行う方法なのです。

ただし脂肪は糖質に変化するものであり、全く摂らないというのは禁物です。

糖質が下がり過ぎると低血糖症状という症状に見舞われるのです。

まとめ・糖質制限ダイエットをする際に注意すること

糖質制限といっても、糖質をオールカットするのではなく、量を減らすことをします。

糖質は体のエネルギー源になりますので、カットしてしまうと体が必要とする糖質がなくなってしまうため、低血糖症状がでます。

やる気がでなくなったり、体が重く、眠気が常に出ます。さらに症状が悪くなると、冷や汗をかき始め、手が震えたり頭痛が出てくるなどの体に悪影響しかないため最低限の糖質が必要ということです。

しかし、糖質を制限するだけではお腹が減ってしまいます。ですので色が濃い緑黄色野菜大豆を使用した食べ物海藻やきのこ等
糖質を減らす代わりに増やしてあげるのです。むね肉・牛肉の赤身・魚・卵などたんぱく質の多いものを増やすのもおすすめです。

そして、食べる順番としては野菜や海藻類などの食物繊維の多いものを”最初に食べる”ことで血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。

食べ方や糖質の量などを気を付けながらむりなくダイエットすることをおすすめします。

スポンサーリンク
レクタングル大広告