エナジードリンクの飲み過ぎで起きる !?危険な血糖値の変化とは?

スポンサーリンク
レクタングル大広告

エナジードリンクの飲み過ぎで起きる!?危険な血糖値の変化とは?

今や、若者を中心に「元気になる!」などと格好いいデザインのパッケージが目立ち、手軽に買える『エナジードリンク』ですが、体の不調を改善しようと飲んでいるはずだったのに、実はエナジードリンクの飲み過ぎにより、血糖値に変化が起きていることを知っていますか?

今日は、エナジードリンクの飲み過ぎで起きる可能性が高い血糖値の変化についてお話しさせて頂きたいと思います。

血糖値とは?

健康診断などで血液検査した時に、血糖値の数値が載っているのを見たことがあると思いますが、『血液中に含まれているブドウ糖の濃度の値』の事です。

ブドウ糖は、ご飯やパン、白砂糖など(精製されている白い食べ物)で体のエネルギーが作られているのですが、それらの糖質を消化する事で作られます。

私達は健康でいるために、体の中で血糖値が一定の濃度を保つためにホルモンを使ってコントロールをしていますが、不健康な食生活やストレスなどが原因で血糖値をホルモンでコントロールできなくなりバランスが崩れてしまいます。

血糖値が上がってしまうと、もとに戻すためにインスリンというホルモンを使って下げてくれます。

血糖値がさがりすぎてしまうと、アドレナリンというホルモンを使ってもとの正常値にもどしてくれます。

血糖値の基本の一定濃度

食事前の血糖値 80〜110mg/dl未満

食事後の血糖値  80〜140mg/dl未満

これらの、インスリンとアドレナリンのホルモンが上手に操作できなくなると『糖尿病』になってしまいます。

では、冒頭で少しでてきた『エネルギードリンクの飲み過ぎ』により血糖値がどうなってしまうのか、ご説明していきたいと思います。

エナジードリンク

エネルギーチャージや、スタミナチャージなど気分上げるうたい文句が多いエナジードリンクですが、米国では一兆円の売り上げがでるなど人気がすごい一方で、飲み過ぎには健康に悪影響がでる事が実証されています。

一部の国では飲むことに年齢制限をもうけたり、禁止したりと対策が設けられているようです。

エナジードリンクの成分表記を見ると、炭水化物(糖質)、ビタミン、ナトリウム、アルギニン、カフェイン、ナイアシンなどが書かれていて、その中で数値が高いのがカフェインと炭水化物(糖質)になっています。

糖質の取り過ぎで、血糖値に影響が出ることは、上記の『血糖値とは?』で再確認していただけばわかりやすいと思いますが、エナジードリンクの成分でもう1つ高い数値があったカフェインが気になり調べてみました。

カフェインとは?

カフェインは、コーヒーなどに含まれていることで誰もが聞いたことがあるはずですが、1番の効果で有名なのは、眠気覚ましですね。その他にもカフェインには、疲労感の軽減、気分を高める作用や運動機能の向上、利尿作用などがあげられています。

私もコーヒーは大好きで、飲みたくなるタイミングを考えるとやはり、眠気が覚めない朝や、疲れを感じた時に多いです。

コーヒーは、様々な病気の予防として世界中で注目されているのですが、飲み過ぎで体に悪影響を及ぼしてしまう恐れもがあります。

次の症状が飲み過ぎにより起こる可能性が高くなります。

・不眠症

・心拍数が上がり、血圧が高くなる

・神経障害

・不整脈

・腎障害

などが起こる可能性があるといわれています。

さらに、カフェイン入りのエナジードリンクは飲み過ぎにより血糖値が関係する糖尿病になる可能性が高いことがカナダの研究でわかったと発表されています。

糖尿病

血糖値を操作するホルモンがバランスを崩すと、糖の調節がおかしくなり正常値に戻せなくなることで糖尿病になってしまいます。

糖尿病は2種類にわけられていて

1型糖尿病…インスリンが全く作用されなくなる事が原因と言われていますが、ちゃんとした原因はわかっていないようです。若年層でなる人が多いと言われています。
2型糖尿病…一般に言われている糖尿病です。インスリンが生活習慣などが原因で上手に作用されなくなります。

症状として初期症状では、やたらと喉が乾いたり、排尿の回数が増えたりなど痛い辛いなどの症状がないため、健康診断などのきっかけがない限り気付くことが難しいです。

カナダのカルガリー大学の研究

カフェイン入りエナジードリンクを飲み過ぎることにより血糖値に変化が起きインスリンがバランスを崩す事で2型糖尿病になる可能性が高くなる事を発表しました。

研究は次の通りです。

13歳〜19歳の20人を対象
カフェイン入りと無しのエナジードリンクを飲む前と後の血糖値とインスリンを調べる
内容は、エナジードリンク57ml、糖数はなし、カフェイン208mg

飲んでから40分後に経口ブドウ糖負荷試験を行なった。

結果

カフェイン入りエナジードリンクを飲んだチームは、血糖値24.6%、インスリン値26.4%高くなる事がわかった。

糖尿病ネットワーク ヘルスデージャパン 参考

この研究から、カフェイン入りエナジードリンクを飲みすぎることによりアドレナリンとインスリンのホルモンバランスが崩れてしまい、アドレナリンの分泌が促進されてインスリンの分泌が低下してしまう。

その結果、血糖値があがる事で2型糖尿病になる可能性があるとわかりました。

まとめ

何に関しても同じですが、健康な身体を維持していく為には、飲み過ぎ、食べ過ぎなどやり過ぎは、身体に悪影響を与えてしまう可能性が高くなります。

エナジードリンクも飲み過ぎる事で血糖値が上がり糖尿病になってしまう可能性が高くなりますが、エナジードリンクを適量飲むことで、一時的に体や心を楽にする事はできるので飲み過ぎに注意をして、上手に付き合っていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告