疲労の種類と疲労回復に効果のある食べ物

スポンサーリンク
レクタングル大広告

疲労が出る仕組みと種類

疲労は生きているうえで切っても離せないものではないでしょうか?

疲労といっても色々な種類があります。肉体的な疲労・精神的な疲労・慢性疲労などいろいろあります。

では、何故疲労が出るのかここで説明させていただこうと思います。

疲労とは、強い運動により体内の糖質や脂質がエネルギー源となり分解されたものがリン酸となり体内に蓄積することで筋肉の動きをよくするカルシウムの働きが弱くなり力が入らない状態になります。

この状態が疲労が出ているということになります。

この疲労は体の許容範囲内であれば睡眠を摂るなどの休養を取ることで回復し疲労はなくなってしまいます。

しかし、過度の運動やストレスが体の許容範囲を超えて常に疲労がたまっているとそれが慢性疲労となり疲れがとれにくくなります。

過度の重労働や運動によって起こる筋肉疲労だけではなく、気温や湿度などの外からの刺激に体がついていけないことからくる疲労もあります。

そういった場合、休養だけでは取れない疲労は食べ物で回復することがよいとされています。

疲労回復に効く食べ物

筋肉や肉体の疲れに効く食べ物としては豚肉やウナギ・豆腐は糖質の分解などを効率よくすることができるビタミンB1が多く含まれているため

新陳代謝をスムーズにしてくれることから、体内に溜まった疲労物質を速やかに外に出してくれる効果があるのです。

ビタミンB1はアリシンという物質と一緒に取ると疲労回復効果がアップされるといわれています。

アリシンの多い食べ物としては、ネギ・ニンニク・ニラなどの抗酸化作用のあるものを食べることがよいとされています。

効果を上げるためには刻んだり、つぶしたり加熱すると効果続くようです。

慢性疲労や精神的な疲労に対しては緑黄色野菜や柑橘類・お酢・梅干しがおすすめです。

緑黄色野菜や柑橘類は鉄の吸収も良くしてくれるので、貧血の人にも摂取してほしい食べ物ですね。

他にも、夏バテなどの体の不調からくる疲れは香辛料などの刺激の多いキムチや果物・オクラや長芋もおすすめです。

ねばねばした食べ物は消化吸収を良くして胃を守り肝機能を上げることができるという効果を持っています。

そして、すべての疲れを取りやすくするものはその季節の旬のもの。その旬のものを食べることで体に合った疲労回復ができるようです。

まとめ

疲労回復に効果のある食べ物は、それだけを食べても効果がない。と考えてください。

まずはバランスの取れた食事と睡眠を良くとることで体調を整えて、その食事のなかで上記に挙げた食べ物を取り入れるとことで、

効果的な疲労回復が得られます。

野菜や魚介類・果物は近くのスーパーに売られているため比較的に買いやすいのではないでしょうか。

自炊をしない人でも外食する際には食事バランスや旬のものを食べることで疲労を早期に回復して翌日に持ち込まないように気を付けましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告