子供の便秘で困っていませんか?その症状改善してあげましょう

スポンサーリンク
レクタングル大広告

子供の便秘で困っていませんか?

なかなか気付きにくいのが子供の便秘です。

実際に、子供が毎日排便ができているのか?としっかり認識しているママは少ないのではないでしょうか?

赤ちゃんの時は、オムツをママが何回も変える為「今日はうんちでた!」「今日はでてない!」など、そこまで意識しなくても確認する事ができましたが、1人でトイレに行くようになってからは、なかなか確認が難しく便がでているのかわかっていないママが多いようです。

そのため、子供の便秘に気づいて困ってしまうのです。

今日は、子供の便秘の症状を改善していくためのお話をしたいと思います。

子供の腸の環境

腸が健康だと免疫力があがり病気になりにくい体作りにつながります。

離乳食前の赤ちゃんの時は、腸内の善玉菌のビフィズス菌が90%と言われています。

それは、腸内に食べ物がまだ入っていない状態の為悪玉菌がまだないからなのです。

その証拠に離乳食前の赤ちゃんのうんちは匂いもなく、黄色く酸っぱい匂いがしますがこれは、善玉菌が多い証です。

離乳食が始まると、悪玉菌が増えてくるのでうんちの匂いや形、色などがだんだん大人に似てきます。

このような事から、善玉菌を増やし腸内環境をよくする事で便秘などの改善につながるのです。

子供が便秘になってしまう原因

原因は1つではなく、色々な原因があります。

子供の便秘の原因が何なのか探ってみましょう。

トイレトレーニングの時期のトラウマ

トイレトレーニングの際に、うんちをして痛かった思いをしたり、怒られたや失敗したなどの事が原因で子供はトラウマになってしまい排便時に緊張が伴い便秘になってしまいます。

家以外で排便出来ない

学校や外出時にしたくなっても、友達などに「うんちをしている!」とわかってしまう事に恥ずかしさを感じ我慢してしまう事から、便秘になってしまいます。

朝食を食べない

朝食を取ることにより、腸に刺激を与えるので腸が動き出し便がでたくなるのですが、しっかりと朝食を食べないと腸の動きが鈍くなり便秘につながります。

お菓子など甘いものばかり食べさせている

きちんとした食事を取らず、お菓子など甘いものばかりたべていると腸内に悪玉菌が増えてしまい腸が元気をなくし便秘になります。

朝のトイレタイムの時間がない

朝はバタバタするものですが、朝食を食べた後にトイレタイムの時間がとれないため便がしたいと思っても時間がなく我慢をしてしまうと便秘につながります。

子供の便秘は、トイレに1人で行けるようになった2歳〜4歳頃と小学生になる6歳〜7歳頃が多いようです。

小学生になると、時間割生活が始まり今まではトイレに時間は関係なく自由に行けていたのに、休み時間にしか行けないというリズムになれないためだと言われています。

ママができるセルフケア

大人も一緒ですが、便秘は辛いです。

そんな辛い症状を1日も早く改善してあげて、悩まないトイレスタイルにしてあげたいですよね!

それでは、ママができる子供の便秘の症状を改善できる方法をご紹介します。

朝起きたらコップ1杯の水を飲む

朝起きてからすぐにコップ1杯の水を飲む事で、腸に刺激を与えましょう

一気に飲む事がポイントです。

毎日続けましょう。

朝食をきちんと食べさせましょう

なるべくバランスのとれた朝食を作りましょう。

穀類、野菜、きのこ、豆類、海藻、果物などが食物繊維です。

朝は忙しいため朝食作りに時間をかけることが難しければ、具沢山の味噌汁に納豆、果物など工夫をしてみてください。

朝食を取る時間がきちんと取れるように、早寝早起きも心がけましょう。

トイレタイムを作りましょう

朝食後にトイレタイムを取ることにより、学校や出先で便がしづらい事も解決します。

はじめは出なくても、朝食を食べたらトイレに行くという習慣づけが大切です。

出ないからすぐにやめるのではなく、少しの間便座に座らせる事も便秘解消のカギとなります。

ある程度の年齢までは「うんちが出たらシール貼ってね

など、手作りシールカードなどを作り子供の好きなシールを貼らせるなどをして、トイレタイムが楽しくさせると同時にママが子供の便のリズムが確認できます。

体を沢山動かせるために外で遊ばせましょう

運動する事で腸の動きが活発になり便秘の改善につながります。

また、体を沢山動かせる事で眠りが深くなり、寝ている間におきる腸の運動もスムーズに行うことができます。

積極的に体を動かせましょう。

浣腸をしてみましょう

食生活や生活リズムの改善では治らず、あまりにも便秘がひどい時は浣腸を使いましょう。

既に詰まってしまっている便を取り除かないと、正しい腸の動きが改善されなくなってしまいます。

しかし、浣腸をしないと便が出ないでは便秘の症状改善にはならないので、詰まっているものがでたら、食生活や生活リズムの改善にもどしてくださいね。

薬局などに浣腸は置いてありますが、わからない場合は薬剤師さんなどに聞いてみてください。

病院に行く

なかなか便秘が改善できない状態が長く続いたり、便をする度にお尻が切れてしまうなどの時は腸の動きが食事や生活リズムだけではなんとかならない状態かもしれませんので、小児科に行きお医者さんに相談しましょう。

また、発熱、嘔吐などの別の症状がある場合は便秘以外の病気の可能性がありますので病院に行きましょう。

まとめ

子供の便秘の症状改善させるには、食事と生活リズムを見直してみましょう

腸は習慣を好みます。便秘は1日、2日で改善できるものではありません。

今日ご紹介した症状改善をやってみて、駄目だったからすぐやめるのではなく、根気よく続けて腸環境を良くしていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告