記憶力は鍛えられる?効果的な食べ物リスト5選!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

記憶力は鍛えられる?

記憶力は、年齢と共に悪くなる事は仕方ないと思っていませんか?

買い物に出掛けて、買う予定の物を買い忘れて帰ってくるなど日常生活で記憶力が悪くなってると感じる事はあると思うます。

しかし、記憶力は鍛えることで良くなるのです。

今日は、記憶力の鍛える方法と記憶力を良くするのに効果的な食べ物をご紹介していきたいと思います。

記憶力とは

物事を忘れずに覚えておくこと。過去の経験の内容を保持し後でそれを思い出す事。必要な情報を保持しておくこと。とwikipediaに載っています。

私達は、健康のために体を鍛えることをしますが、鍛えるものは体だけではなく記憶力を向上させるために脳を鍛えると言うこともしていかなければ脳はどんどん衰えてしまいます。

そこで、記憶力を向上させるための鍛え方をいくつかあげてみたいと思います。

記憶力の鍛え方

記憶力に重要な脳組織に”海馬”というものがあります。

海馬は鍛えることによりどんどん活性する事ができる素晴らしい組織です。

鍛えれば活性するのですから、鍛えないことが勿体無いと思ってしまいます。

❏単純計算、音読

百ます計算などの単純計算や声を出して読む音読をしましょう。

単純計算や暗記などをしている時は、広い範囲で脳が強く活動する為、脳トレーニングに良いとされています。

また、声に出して読み書き目で見る事で更に脳が活性化され記憶力を高めてくれます。

百ます計算や音読をする時間がない時などでも、日常生活での買い物先で買い物カゴに入れるものの金額を暗算しながら入れていったり、忘れてはいけないことを声に出して書いて目で見るなど、自分にあったやり方を取り入れてみてください。

❏料理をする

女性の方は、毎日料理を作る人が多いかもしれませんが、料理は多くの工程を頭の中で組み立て、段取りよくいくつものメニューを同時進行で作っていくため脳の活動が高まり、前頭葉の動きが活発になります。

また、いつも作っている手慣れた料理ではなく作ったことのない料理に兆戦する事で更に脳が活発に動きます。

手慣れた物もいいですが、たまには、初兆戦のメニューにもチャレンジしていきましょう。

❏話す

記憶力の良い人のイメージで”よくしゃべる人“が思い浮かびますが、自分で得た知識を人に話すことで新しく得た知識が記憶されやすくなります。

人に話す事で、自分だけの知識だったものを相手にわかりやすく話すために文の組み立てを考える事で、自分の中で得た知識の整理が再度確認できて記憶されやすくなります。

❏笑う

脳は幸せホルモンを好む細胞です。

逆に過度なストレスを与えると、脳は衰えていきます。

口角を上げるだけの動きでも、脳は今やっていることが「楽しい」と判断し、脳から快楽物質のドーパミンを放出します。脳は楽しいから笑うのではなく、笑っているから楽しいと反応するようです。

幸せホルモンを増やすことで、脳が活性化され自然と集中してリラックスできます。

❏ストーリーを作る

脳のシステムは、情報その物を覚えていくシステムではないので、自分で記憶しやすく置き換えてストーリーを作り記憶させることが重要です。

例えば、明日は病院に行き、牛乳を買いに行く事と手紙を出しに行かなければならないと忘れずに覚えていなければならないとします。

ここで、おもしろ怖くなどインパクトがあるイメージを作ることが大切です。

「朝、玄関を開けたら看護婦の服を着た男性の医師に追いかけられ逃げていると、いきなり現れた巨大な牛乳の形をしたポストにぶつかる」といった奇妙な人物がでてきたり、ないはずの物をイメージしてストーリー化する事で記憶しやすくなります。

❏名前リピートテクニック

人の名前を記憶しやすくするためのトレーニング方法です。

特に、仕事をしている方は取引先やお客さんの名前を覚えていなければならないと言うことが多いと思います。

そんな時は、相手と話をする際に相手の名前を会話の中に何回も入れて見る事です。

相手の名前をリピートする事で、記憶されやすくなります。

❏リトリーバルトレーニング

いきなり、難しい題名ですが、このりリトリーバルトレーニングとは記憶させるには、情報を詰め込む(インプット)だけではなく、記憶力を出力(アウトプット)していかないと鍛えることができないようです。

脳科学者の池谷裕二さんは、このように話しています。

学校の勉強は詰め込みがすごいのですが、取り出しの練習はしません。でも、取り出す練習をすることによって、記憶って使えるようになるんです。受験中に思い出さなければ覚えてないと一緒です。

リトリーバルトレーニングの方法が効率的だと科学的に証明されたのは、実は、10年くらいしか経っていません。

最近、「Science」誌でこんなレポートがありました。

単語を覚えるだけなんですけど、3秒に1回くらいパッ、パッ、パッ、パッ、パッと連続50回見せて、「はい、おしまい。明日思い出してください」と言うんですね。

面白いのは、その後2つのグループに分かれて、「もう1回復習してもいいですよ」と言って、1グループはもう一度同じように見せる。もう1グループは見ないで、「何があったかできる限り思い出してください」と単語を言わせるんです。

間違ったとしても、「それはちがう」とか絶対に言わない。ただ、できる限り思い出します。次の日になると歴然です。思い出したグループの点数が高い。直後に2回目を見たグループは、「ああ、これは、さっきもあった」

と思うので、「明日は僕のほうが点数が高い」と思うらしいですが。

冒頭でも言いましたが、記憶させるためには、ただインプットという暗記方法ではなく、アウトプットしていかなければ記憶力は鍛えられないのです。

一番簡単な方法は、インプットした情報を誰かに説明をしてアウトプットしていくことではないでしょうか。是非、仕事や勉強などの場でやる事をおすすめします。

ここまで、記憶力の鍛える方法をお話ししていきましたが、鍛えると同時に脳に良い栄養も与えるる事も大切です。

少し長くなってしまいましたが、記憶力に効果的な食べ物をご紹介していきます。

記憶力に効果的な食べ物5選

ベリー類

ベリー系に含まれる「フラボノイド」の成分が、老化による記憶力の低下を防止してくれると言われています。

さらに、ベリー類の中でもブルーベリーには抗酸化物質も多く含まれているため、記憶力の改善に効果的です。

クルミ

クルミには、脳神経への作用があり脳への血流も良くしてくれる「αリノレン酸」が豊富なため、記憶力や集中力を高めてくれる作用が期待できます。

ダークチョコレート

チョコレートには、有害な活性酸素を吸収してくれる効果があり、チョコレートの原料のココアには海馬の機能を高める作用があります。

ミルクチョコレートなどの糖が多いものではなく、カカオ90%のダークチョコレートが効果的です。

ココナッツオイル

ココナッツオイルなどには、記憶力が上がる栄養素が含まれていて、不飽和脂肪酸が脳に作用して記憶力向上に発揮します。

ある研究では、ココナッツを日常的に摂取している人は、していない人よりめ知力レベルが上がると言われています。

料理で使ったり、コーヒーに入れるなどして1日大さじ2杯くらいを日常的に取り入れていきましょう。

青魚

こちらは、定番と言われているサンマやイワシなどの青魚です。

青魚には、脳の発達に重要な役割のあるDHA、EPAが豊富に含まれていて、記憶力や思考力を向上させてくれます。

また、青魚に含まれている「オメガ3脂肪酸」が加齢による記憶力の進行を防いでくれると言われています。

また、食生活において、規則正しくきちんとした食事を取ることも記憶力を向上させるには大切ですが、カロリーを取りすぎると記憶力に悪影響を与えると言われています。

暴飲暴食など、乱れた食生活をしないように心掛けましょう。

まとめ

記憶力を鍛えるにあたり、脳が活発になり血流がよくなり脳だけでなく体全体を健康に保つことができます。

記憶力を鍛えると同時に、脳によい栄養素を食べ物で取り入れていくことで、よりよい状態を維持していけます。

老化により記憶力が低下しても、鍛える事で脳の環境を健康に保てるようにしていきたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告