肌荒れが治らない原因はビタミン不足?肌に効果的なおすすめ食べ物リスト

スポンサーリンク
レクタングル大広告

肌荒れが治らない原因はビタミン不足?

スキンケアは問題なくやっているのに、なかなか肌荒れが治ってくれない。と色々試してみたりして、肌荒れで毎日が憂鬱な気持ちになっていませんか?

それは、もしかしたらビタミン不足による肌荒れが原因の可能性があります。

肌に必要なビタミンがちゃんととれているか、確認しながら読んでいってもらえたらわかりやすいと思います。

肌荒れの原因

まずは、肌荒れの原因をいくつかあげてみます。

肌荒れには、内的要因と外的要因があります。

❏外的要因

肌荒れの外的要因には、季節の変わり目などに肌が荒れてしまうと言う方が多いのではないでしょうか?

花粉、排気ガス、紫外線、乾燥などがあげられます。

これらが外気に含まれていている為、肌が敏感になりやすい季節の変わり目で吹き出物などの肌荒れがおきてしまいます。

また、気温差の激しい日が続く季節などは、自律神経が乱れやすく体温調節が難しく肌荒れがおきる原因となるかとがあります。

紫外線による肌荒れは、日に焼けた部分が火傷の状態になり肌に水分が失われてしまう為、痒みや痛みなどがおき肌荒れになります。日焼けに関しては肌荒れだけではなく、時間差でシミとしても残りますので、かなりの注意が必要です。

❏内的要因

内的要因には、主に私生活の乱れが原因です。

暴飲暴食、寝不足、疲れ、偏った食生活などで肌荒れがおこりやすくなります。

偏った食生活では、脂っこいものや、甘い物、刺激物などを多く摂取している可能性があり、体に必要な栄養が取れていない状態です。

その他にも、過剰なダイエットや生理前などのホルモンバランスが崩れやすい時にも肌荒れは起こりやすくなります。

では、内的要因からくる肌荒れを改善していくためには、どのようなものを取れば良いのでしょうか?

肌荒れに必要なビタミン

ビタミンと言っても、種類が沢山あり何を取れば良いのか迷ってしまいますよね?

どのようなビタミンが肌荒れには良いのか知る必要があります。

ビタミンA

ビタミンAには、抗酸化作用がありビタミンAが不足してしまうとニキビや吹き出物などの原因になることがあります。

脂溶性ビタミンで、皮膚の細胞を健康に保ってくれ元々の肌の働きを正常化してくれるとても大切な栄養素です。

乾燥肌などの方には、とても必要なビタミンです。

ビタミンB2

別名「発育のビタミン」

と言われているほど、子供から老人までに重要なビタミンです。

ビタミンB2は、三大栄養素である脂質、糖質、タンパク質をエネルギーにかえてくれる補酵素として、皮膚、粘膜、毛髪、爪の再生、老化防止などのサポート的な働きをしてくれています。

脂質の代謝や、肌の再生を促す効果があり、水溶性ビタミンのため大量に摂取しても体内で使われなかった物は、尿として排出されてしまうため適量を摂取する事が大切です。

肌荒れや口内炎などをおこす人や、肥満やメタボなどはビタミンB2が不足している可能性が高いです。

ビタミンB6

水溶性ビタミンの一種です。

ビタミンB6は別名「皮膚のビタミン

と言われ、ニキビや吹き出物、湿疹、アレルギー性湿疹などの改善には外せないビタミンです。

また、タンパク質やアミノ酸の代謝の補助や、血液や筋肉の細胞を作るために必要な栄養素でもあり、肌の再生を正常化してくれます。

ビタミンC

水溶性ビタミンの一種です。

レモンやオレンジなど柑橘稀有フルーツや緑黄色野菜など自然界にある植物に含まれているため、食事などでも取りやすいビタミンです。

「美肌を作るビタミン」とも言われ、コラーゲン生成する力があり、美肌、美白、アンチエイジングなどに効果があるとされています。

また、開いた毛穴を閉じてくれる効果も期待できるため、毛穴のつまり、ニキビや吹き出物などの肌荒れ防止に努めてくれます。

ビタミンCを取ることで、肌に潤いを与え、メラニンを抑える効能があるためシミやソバカスなどにも効果的なビタミンです。

ビタミンE

ビタミンEは、細胞を守ってくれる効果があり、ビタミンCを一緒に取ることで相乗効果を発揮します。

ビタミンB5

パントテン酸ともいい、ニキビや吹き出物な原因となる皮脂を抑えてくれる働きがあります。

ビオチン

水溶性ビタミン。

別名「ビタミンB7」ともいわれていて、皮膚の炎症を引き起こす物質を排出してくれる作用があるため、アトピー性皮膚炎など湿疹の治療に使われます。

以上のビタミンが肌荒れに効果的と言われていますが、このようなビタミンを含む食べ物はどのようなものなのか見ていきましょう。

肌荒れに効果的な食べ物

まず、上記でご紹介したビタミンを含む食品をざっと書き出してみますね。

・ビタミンA: 人参、紫蘇、モロヘイヤ、卵黄、レバー、うなぎ、たら、あん肝など

・ビタミンB2: 納豆、レバー、うなぎ、卵黄など

・ビタミンB6: お米、にんにく、マグロ、カツオ、サンマ、スモークサーモンなど

・ビタミンC: レモン、バナナ、いちご、キウイ、グレープフルーツ、オレンジ、パプリカ、ピーマン、パセリ、モロヘイヤ、ブロッコリー、ゴーヤなど

・ビタミンE: かぼちゃ、アボガド、卵黄、たらこ、うなぎ、鮎など

・ビタミンB5: ひきわり納豆、レバー、卵黄など

・ビオチン: ナッツ類、大豆食品、レバーなど

それぞれの肌荒れに効果的なビタミンを含む代表的な食材をいくつか書き出してみました

肌荒れに効果的なビタミン全体を見てみると、緑黄色野菜を中心にバランスの良い食事を

心掛ける必要があります。

おすすめな摂取方法として、バランスの良い食事に加え足りない部分を緑黄色野菜にビタミン豊富な果物を加えたスムージーなどで体内に入れて栄養を取る方法が簡単で良いと思います。

特に、バナナに関してはビタミンC以外にもビタミンB、カロチンも豊富に含まれています。体内に入ったカロチンは、ビタミンAに変わるので一気に3つのビタミンが摂取できる事が嬉しい果物です。

まとめ

一日でも早く肌荒れを改善するためにも、ビタミン不足に気をつけ規則正しい生活と食生活の見直しをしてみてください。

今回は、肌荒れに効果的な食べ物をご紹介させていただきましたが、外的要因などからも肌を守るために、健康的な肌作りを心掛けていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告