注意力散漫になってしまう原因は?誰でもできる簡単に治す方法6選!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

注意力散漫になってしまう原因は?

日常生活で注意力はついて回るものです。

注意力散漫が原因で、大きなミスにつながったり、大きな事故につながるなどの可能性があり取り返しがつかなくなってしまう前に少しでも治せたらと思うのではないでしょうか?

今日は、そんな注意力散漫で仕事や日常生活に支障が出てしまい困っている方に、簡単にできる内容の治すためにやることをお話しさせて頂きます。

初めに、注意力と集中力の違いは知っていますか?

それぞれの意味を説明していきます。

注意力とは

1つのことに集中しながら周りに意識が払える力の事を言います。

スポーツにおいては必要不可欠な力で、サッカーや野球、バスケットなど団体競技などでは特に、自分のプレイに集中しながら自分のチームの動きと敵の動きも把握しなければならない為、注意力がなければできない事です。

集中力とは

1つのことに、意識を継続的に向ける力の事を言います。

周りが騒がしくても、読書や仕事に没頭し過ぎて食事をする事も忘れてしまう人などは集中力のかなり高い人です。

逆に、周りに対する注意力はなくなります。

なんとなく似てると思っていた言葉ですが、実は違いがある事がわかりました。

ノースウェスタン大学で行われた調査結果では、クリエイティブな人ほど注意力散漫な人が多い事が分かったとされています。

クリエイティブな人ほど、多くの情報に触れているため全てを管理しきれずに取りこぼしがでていると考えられているようです。

勿論、注意力散漫の状態は色々なことに支障がでやすいといわれていますが、とても沢山の情報を感知している証拠であり、周りから見たらぬけが多く目立つ人こそが、沢山の情報からアイデアにたけた答えを見出すことができると考えられます。

周りにある情報を上手く感知して有効活用する事が大切なのかもしれません。

少し、話がそれましたが話を戻したいと思います。

注意力散漫の人には、共通点があるようです。

注意力散漫な人の共通点

基本的には、注意力は元々の性格で生まれながら持っているもののようです。

あまり、物事を深く考えないタイプに多くみられます。

❏予定を立てることが出来ない

自分の今いる環境の中で。色々な事に気が向いてしまうため、1つの事に集中することができなくて、なかなか仕事など今やらなければならない事が進まない人です。

仕事の効率が悪いなど、時間を上手く使う事ができません。

❏整理整頓が苦手

仕事場の机や、自分の部屋などの身の回りを整理整頓する事が苦手でいつも散らかっている人が多いです。

頭の中の整理整頓も苦手な為、頭の中もゴチャゴチャしてしまう状態です。

❏自信がない

任された仕事など、「これであっているのか?」や「間違えたらどうしよう」と自信が持てないために注意力散漫になりやすくなります。

自分なら出来ると信じて、成功体験を増やしていき集中力を持っていくことで作業効率が上がっていくことができます。

❏ながら仕事でないと出来ない

携帯をみながらや、音楽を聞きながら、テレビを見ながらなど何かをしながらの作業をするため、今やらなければならない事以外に気が散ってしまい、同じミスを何度も繰り返してしまう。

❏生活が不規則

睡眠や食生活などの生活パターンが不規則なため、寝不足で日中に眠気に襲われたりお腹が空いてしまい注意力散漫になりやすくなってしまいます。

自身のコンディション作りから見治す必要があります。

このような事が、注意力散漫の人に多くみられる共通点なのですが、このような状態を改善していくために、簡単にできる治す方法をご紹介していきます。

注意力散漫の簡単な治す方法

注意力には、3種類のタイプがあります。

持続的注意力…持続的に注意力を払える人
選択的注意力…優先的に何に注意すすればいいのかを選択できる人
分割的注意力…一度に2つの事に、バランス良く注意力を払える人

タイプ的に分けてみましたが、まず注意力散漫を治していく為には2の選択的注意力を意識しながら治していき、その後だんだんと1と3も意識する事が大切だと思います。

では、詳しい治し方に入っていきましょう。

❏物事に優先順位をつける

上記のタイプ別のお話で治していく順番をつけたのも優先順位をつけて初めに2を意識してなど、始める前に優先順位をつける事で整理できるので注意力も維持されやすくなります。

初めは、やらなきゃならない事に優先順位をつけたら紙などに書いて机に貼るなど目に付くところに置きながら、終わった事を消していくというやり方がわかりやすいと思います。

慣れてきたら、書かずに頭の中で優先順位スケジュールを作成してみてください。

❏身の回りを整理整頓する

作業をするのに、机や部屋が散らかっていると、まず何が何処にあるか探さなければならなくなる為、時間のロスに繋がります。

また、探す事をしていて他の物などに気を取られ、注意力散漫になってしまいます。

そのような事にならないよう、必要なもの不必要なものをきちんと分け効率よく作業ができるようにしましょう。

❏メリハリをつける

仕事と休憩のメリハリをつけましょう。

平均的に集中力が持続できる時間は40分と言われています。

注意力散漫になってきたら、休憩をとりコーヒーを飲んだりとリラックスをしてみてください。

休憩→仕事を習慣づける事が大切です。

❏運動をする

脳内の神経伝達物質のドーパミンやアドレナリンが不足すると注意力が低下してきます。

ウォーキングなど適度な運動をする事で、脳が活性化され注意力を高めることができます。

❏アロマオイルを嗅ぐ

アロマの匂いを嗅ぐことは、脳をリラックス状態にするのに効果的です。

レモン、バジル、レモングラス、ベルガモット、オレンジなど集中力を高めてくれる香りです。

自分の好きな香りを嗅いで、リフレッシュしましょう。

❏ガムを噛む

ガムを噛むことで、酸素や糖分が脳に送られ記憶力を高めてくれます。

ガムを噛む事で、単純な反復作業も集中力を高めます。

5つの治す方法をご紹介しましたが、どれも日常生活を送りながら簡単にできる内容ですので、明日からでも実行してみてください。

まとめ

注意力散漫は、仕事などのやらなければならない事の効率を悪くしてしまい時には取り返しのつかない状態に陥りかねません。

少しずつでも改善していくために、簡単な治す方法を実行してみてください。

上手に注意力を使いこなせるようになれば、冒頭でお話させていただいた周りの情報を上手く感知して、有効活用できるようになれるかもしれません。

何事も日々努力ですね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告