疲労が早く回復するおすすめの食べ物

スポンサーリンク
レクタングル大広告

疲労ってなに?

疲労または疲れのことを言います。運動により体力を消耗して体や気分の気だるさが出ることを言います。

身体能力を最も良い状態で維持するために必要な筋力の低下のことをいいます。

疲労の中には、中枢疲労・末梢疲労・生理的疲労・病的疲労に分けられます。

中枢疲労はセロトニンなどの物質により脳が十分に働かくなる状態のことを言います。長い時間考えたり覚えたりと脳を使用することで起こります。

末梢疲労は主に筋肉の疲れのことを言います。長い時間運動や仕事をすることで起こります。

生理的疲労活動量が自分の体のキャパシティーを超えることで起こる疲れのことを言います。

病的疲労は癌やAIDSなどの疾患やうつ病や統合失調症などの睡眠障害を伴うような精神疾患などにより疲れている状態のことを言う。

病的疲労には繊維筋痛症では常に疲れている状態を症状をもつ疾患もあります。

このようにいろいろな種類の疲労があり、毎日を過ごしていれば病的疲労以外は常についてくるのではないでしょうか?

疲労を早く回復して健康的に活動するためにはどうすればよいのか、、、次にご説明しようかと思います。

疲労回復に必要な栄養素

疲れると休養を取らなくてはいけません。十分な睡眠をとったりリラックスすることで大抵の疲れは取れると思います。

しかし、キャパシティーを超えて疲労がたまっていると休養を取るだけでは疲労が回復しないことがあります

そんな時には疲労回復に効く栄養素をとらなくてはいけません。
まずビタミンB1糖質を効率よく体で分解して全身に運ぶ働きを高めるために新陳代謝を良くしてくれます

ビタミンB2は体にたまった乳酸等の疲労物質を体の外に出してくれる働きをしてくれます。

カルシウムは筋肉の動きを良くするとともに、精神的な疲れやストレスを軽くしてくれます。

鉄分は体の中に酸素を十分に運ぶのを助け疲れやすさをなくしてくれます

慢性的な疲れや、精神的な疲れやストレスに対しては、ベータカロテン・ビタミンC・ビタミンEを多く含まれたものをとることで回復が早いといわれています。

以上の栄養素をメインにとることで疲労を早く回復してくれて、活動量を増やすことができるのです。

次では上記に挙げた栄養素を多く含んだ食べ物をご紹介しようと思います。

おすすめの食べ物

まずは、筋肉などの疲れに効くといわれているビタミンB1の多いものからご紹介しようと思います。

ビタミンB1の多いのは豚肉やウナギ・豆腐です。この食材とともに摂取すると効果があがる食材として、ネギやニンニク・にらなどがあります。

ネギなどは熱を加えるなどの加工をすることで効果は上がり持続するといわれています。

次に慢性疲労や精神的疲労に効くといわれている食材は、緑黄色野菜・柑橘類・お酢・梅干しがあります。

これらの食材は抗酸化作用があり、疲労により免疫が落ちたところをアップさせ鉄の吸収を上げる作用があります。

ビタミンEが多い食材のナッツ類や魚介類は果物と一緒に摂取することでさらに効果が上がるようです。

他にも、夏バテなどの体調不良からくる疲れに関しては夏野菜が効果的だといわれています。

特にねばねばしたオクラや山芋は消化吸収を良くして肝機能を上げることをができるとされており、夏バテには効果的のようです。

まとめ

疲労を感じた時にはすぐに休養を取ることをおすすめします。

食べ物だけでは疲労は完全にはとることはできないため、バランスの良い食事とともに睡眠などの休養を取ることで疲労がとれます。

中には忙しくなかなか休養が取れない人もいると思いますが、こまめに休憩をとることをしてください。

暑い日や寒い日が続きます。体を大切にしていただきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告