子供の歯並びが悪くて気になる…!矯正の費用は?どうしたらいい?

スポンサーリンク
レクタングル大広告

子供の歯並びが悪くて気になる  どうしたらいい?

子供の歯が生え始め、今度は永久歯に生え変わりの時期などに特に気になるのが、歯並びの悪さです。

歯並びが悪いとどんな事に影響があるのか、どの程度の治療が必要なのか、歯医者にはいつ行けばいいのか、治療費など考えることは沢山あるけど、どうしたらいいのかがわからずにいるママは多いのではないでしょうか?

今日は、子供の歯並びについて色々とお話ししていきたいと思います。

子供の歯並びが悪いと何に影響があるの?

歯並びが悪くて影響があるのは、見た目だけではなく、歯がガタガタになってしまっているため歯磨きが上手にできなく、虫歯や歯周病などになる可能性もあります。

その他にも、噛み合わせが悪いことから食べ物を上手く噛めず、消化不良によって胃に負担をかけてしまったり、上手に発音ができず喋りにくい事や、成長過程での顎の発達にも影響が出てきてしまうことがあります。

このように、歯並びが悪いだけで子供の成長に影響することが多くあるので、必要であれば、それなりの対応が必要になります。

しかし、子供の歯並びは気をつけることで悪い歯並びになってしまう事を少しは防げる事もあるようです。

歯並びが悪くなる原因は?

子供の歯並びが悪くなる主な原因は、口周りの筋肉の発達が関係しているようです。

❏下顎が出てしまう受け口になってしまう癖

・下顎をだす

・いつも、口をあけている

・口呼吸になっている

 

❏歯並びがガタガタになってしまう癖

・指しゃぶりやおしゃぶり、長い期間の哺乳瓶使用

・硬いものを食べない、嫌い

・舌で歯をおす

❏出っ歯になってしまう癖

・硬いものを食べない、嫌い

・姿勢が悪い。猫背など

 

❏その他の癖で歯並びに影響がある事

・頬杖をする事が多い

・食べ物を食べるとき、片方だけ噛む

・唇を噛む

以上のような癖を気をつけることで、子供の歯並びが悪くなる事を防げる場合があります。

また、口周りや舌の筋肉をつける事でも、歯並びの悪くなる事を防げるので食べ物や姿勢などに気を配ることも大切です。

このような事を気をつけても、改善が難しいや気になる、遺伝的な歯並びの悪さなどは治療が必要となりますが、治療をする前に参考にしていただけたらと思うお話をしていきたいとおもいます。

子供の歯並びの治療はいつから?

いざ、治療と思っても子供の歯は生えてきたり抜けたりと、いつのタイミングで行けばいいのか迷ってしまいます。

❏顎の矯正が必要の場合

歯の矯正は、幼少期などは顎が小さいなどが原因で歯がきれいに並ばない事があるため、顎の矯正が必要になります。

顎の矯正は、大きくなると難しいため、3才から10歳までの間にやるのが良いとされています。

❏歯並びの矯正の場合

顎に問題がない場合は、歯の矯正になるります。10歳頃から開始するのが良いとされています。

どちらの矯正にしても、一度専門医でカウンセリングを受けて子供の歯並びの状態を見てもらいましょう。

また、小さい頃は検診が頻繁にあるためその時に気になっているようなら相談するのも良いと思います。

矯正にはどんな方法があるの?

❏顎の矯正

顎の矯正は骨格矯正といい、顎の上と下のバランスを整えるための器具を使います。

顎を広げる拡大装置や、外側からのつけるヘッドギアなどの装置をつかうことがあります。

❏歯の矯正

歯を少しずつ動かして、正常な位置にする方法です。

・ワイヤー矯正

ワイヤーの器具を付けて歯並びの矯正をします。

しかし、この方法は喋ったり、笑ったりすると目立ってしまう事がデメリットです。

一応、ワイヤー自体も透明やカラフルな可愛いもの、裏に付けるタイプなど種類はあるようです。

・アライナー矯正

寝るときなどに、マウスピースを付けて歯の位置を定着させていく矯正です。

だいたい、2週間おきに歯の動いた形にマウスピースを付け替えていくため、ワイヤーよりは時間と費用がかかってしまう場合があります。

ただ、この矯正方法は家での装着なので目立つことがなく見た目に悩まなくて済みます。

歯並びの矯正の費用は?

矯正の費用は高いとよく耳にします。

実際にはどのくらいかかるかが気になります。

歯の矯正は、自由診療のため基本的には保険適用外治療になります。

歯医者さんにより金額もそれぞれなのですが、一般的には乳歯だけの矯正期間は30,000円〜200,000円、子供の歯と大人の歯がある期間では、150,000円〜600,000円とされています。

ちなみに、完全に大人の歯になってからの矯正は500,000円〜1,300,000円とかなり高額です。

しかし、保険が適用される場合もあります。

子供の成長に支障があるとされる場合。顎のヨコズレやひどい出っ歯、前歯がくっつかないなどが適用される場合がありますが、歯科医の判断になるため相談する必要があります。

まとめ

子供の歯並びの状態をこまめにチェックをし、歯科医と相談の元で治療が必要なのかなどを聞き、矯正をしていきましょう。

また、歯医者を選ぶ際には長いお付き合いになるため、きちんとこちら側の話を聞いて相談にのり、納得のいく治療方法を選んでくれることや、治療方法を決める前に必要な検査をしてくれるなど、自分と合う合わないなども踏まえ選んでいく事が大切です。

最後に、子供の歯並びを放っておく事で大変な状態になってしまったり、肩こり、頭痛といった歯とは本来関係のない部分にまで影響がでてしまう可能性もありますので、定期的に歯科医に見せて相談して行く事が重要だと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告