体を温める事で得ることのできる効果とは?

スポンサーリンク
レクタングル大広告

体を温める事で得ることのできる効果とは?

体を温める事は、昔から良いとされています。

「冷えは万秒の元」と言う言葉があるように、体が冷えていると色々な病気になってしまう原因となります。

あなたは、自分の基礎体温を知っていますか?

基礎体温が35℃代の人は、免疫力もなく病気にかかりやすいともいわれています。

3人に1人がなる可能性が高いと言われている癌の大好物は低体温です。

癌患者さんの基礎体温は、ほぼ35℃代と低いとも言われています。

体を温める事で健康に効果があるのか、またどんな方法で体を温める事が効果的なのかなど、お話ししていきたいと思います。

体を温める効果とは?

最近では健康への関心が深まり、体を温める活動の事を「温活」ともいいますが、体を温めることは何に効果があるのかをまず、あげていきたいと思います。

❏基礎代謝

体を温めると血液の流れがよくなる事で基礎代謝を上げることになります。

基礎代謝がよくなる事で、免疫力、むくみ、太らない、乾燥などといった部分でも効果がみられるようになります。

基礎代謝が上がる=基礎体温もあがります。

❏免疫力

なんといっても、体を健康に保つために必要な免疫力は、体を温めて体温をあげる事で上げることができます。

体の温度が1℃さがるだけで、免疫力は37%下がり、ダイエットなどにも重要な基礎代謝は12%も下がります。

さらに、私達体のエネルギーの元となる体内の酵素は50%も下がってしまうと言われているほど、たかが体温1℃さがるだけで体の中では想像以上に恐ろしいことが起きているのです。

❏白血球

体を温めることで血液の流れが良くなると、白血球も元気になります。

白血球が元気になることで、色々な病気になる可能性を減らす事ができます。

❏内蔵機能

体が温まると血液の流れが良くなり、内蔵、筋肉などの体内に酸素や栄養を沢山送り込むことができるため、内蔵機能も高まります。

体内の老廃物を排出してくれる働きのある腎臓、肺も元気になるため、血液もきれいになり病気にかからなくなったり、疲れなども早く回復できるようになります。

体を温めることで、体に良い効果あることはわかっていただけたでしょうか?

では、どうやって体を温めることが効果的なのかをお話ししていきます。

体を温める効果的な方法

健康な人の基礎体温は、36℃から37℃を常に保つことができています。

体を温めて、基礎体温が健康な状態を保てるようになる事を目標にやっていきましょう。

❏温かいものを体に入れる

内蔵を冷やさないためにも、なるべく冷たい飲み物、食べ物をさけましょう。

温かい飲み物に生姜をプラスして飲んでみるなどの工夫をしてみてください。

朝起きてすぐに、白湯を飲むことは内蔵を温める効果があるのでおすすめです。

❏全ての首を温める方法

手首、足首、首には太い血管があるため、その部分を温めることにより血液が温まりやすくなり、温まった血液が全身を流れるため体が温かくなります。

ホットタオルや、手首、足首、首などの「首」を冷やさないように意識していきましょう。

❏お腹と腰周りを温める

内蔵が冷えてしまうことで、内蔵機能が悪くなり健康を維持していく上で大切な働きができなくなってしまいます。

カイロや腹巻きなどを使い、常にお腹、腰回りを温めることにより内蔵機能はもちろん、腰痛、女性は生理痛なども改善されやすくなり、不妊などにも効果的です。

また、むくみなども取れたり、特に胃や腸が温まることにより便秘、肌荒れなどにも効果が見られます。

❏入浴の仕方

42℃前後の熱めのお湯に5分ほど浸かり、5分ほど出るを2回ほど繰り返す事で血管が収縮し血液の流れが良くなり、体の中から温めてくれます。

しかし、この方法は自律神経の交感神経を活発にしてしまうので持病などを持っている人はおすすめできません。

❏食事

タンパク質を意識して取ることにより、体が熱を作りやすくなり、筋肉もつくりやすくなるため基礎代謝を上げることができます。

また、間食などのおやつには甘い物をなるべく避けましょう。白い砂糖や小麦粉など体を冷やす原因になります。

❏運動をする

運動をして筋肉をつける事で、代謝がよくなります。

また、第2の心臓とも言われているふくらはぎが温まることで心臓に血液が行きやすくなり体の中の血流が良くなり体を温めることに効果がみられます。

毎日できる限り続けられる内容を選び運動していきましょう。

これらのことを意識しながら、日常生活にうまく取り入れていき体を温めることであらゆる健康面に効果が期待できます。

今日、ご紹介した内容はそれほど大変な内容でなく一日のうちでの生活に組み込めやすいので、今までの悪い習慣は辞めて、体を温める良い習慣に変えていきましょう。

まとめ

体が冷えている、もしくは内蔵が冷えていることになかなか気づかないでいる方も多いのかもしれません。

体を温める事は、様々な良い効果が期待できます。

健康を維持していく為には、血管、血液、内蔵など元気でないと病気にかかりやすくなってしまう可能性が高いため、今日から体を温めることに意識をしていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告