アレルギーはどんな種類があるの? 知っておくと安心

スポンサーリンク
レクタングル大広告

アレルギーはどんな種類があるの?知っておくと安心

アレルギーは様々な種類があり、人によっても、アレルギーのある人、ない人、または小さい頃から常に何かしらのアレルギーと付き合いながら生活をしている人など沢山いると思います。

アレルギーをもっていても日常にあまり支障はなく生活できる程度なら問題はありませんが、中にはアレルギーだと知らずに触れてしまったり食べてしまったりして重症になってしまい、最悪死に至るケースもあります。

アレルギーは、種類があるため実際に軽いアレルギー症状だったりすると、気づかずに自分が何にアレルギーなのかを知らずにいる場合もあります。

今日は、そんなアレルギーの種類についてお話ししていきたいと思います。

アレルギーとは

私達が健康的に生活をしていくには免疫機能が大切なのですが、免疫には自然免疫と言って元々持っている免疫と、獲得免疫と言う刺激を受けることで反応がおきる免疫があります。

アレルギーは、IgEと言う獲得免疫がもっている抗体が反応してしまう事が原因だと言われています。

このIgEは、食物タンパクやダニ、花粉などの何でもない物が体内に蓄積されていくと、その何でもない物に異常に反応を起こしてしまうことでアレルギーとなって現れます。

また、アレルギー体質の人は遺伝的な体質でIgEを作りやすいとされています。

アレルギーは予防できる?

アレルギー体質と言われている人は遺伝的な体質なので、体質改善が出来ればアレルギー症状の軽減が可能です。

アレルギー体質の人もそうでない人も、基本的にはアレルギーの原因となるものになるべく近寄らない、触れない事が大事なのですが、まずは自分が何に対してアレルギーか発生してしまうのか、その反応はどの程度なのかなどを把握する事が予防につながります。

また、幼少期に持っていたアレルギーなどは成長していく事で症状が軽減したりなくなったりする場合も多いので、様子を見ながら専門医との相談が大切です。

では、アレルギーの主な種類をあげていきます。

アレルギーの主な種類

❏食物アレルギー

食べ物でアレルギー反応がでてしまう状態です。

このアレルギーの場合は乳幼児の割合が高いのですが、その原因の1つにまだ消化機能が未熟なため、アレルギーとして反応が起こるタンパク質の処理をしきれない事や、免疫機能も未熟な事などがあげられています。

そのため、未熟だった機能が成長と共に発達していく事でアレルギー症状がなくなる場合がほとんどと言われていますが、アレルギーの症状が重症の場合は治ることがなかなか難しいため専門医と相談しながらの治療が重要となっていきます。

また、食物アレルギーの症状は口の中や体内、皮膚などに出る場合が多いのですが、1番気をつけたいのは、アナフィラキシーの症状です。

アナフィラキシーの場合は呼吸困難、血圧の低下などがおこり、最悪死に至るケースがありますので、自分を守るためにもアレルギーに対しての知識が必要となってきます。

❏気管支喘息

気管支喘息は、気管支が狭くなってしまい空気が上手く通ることができなくなり起こるアレルギーの症状です。

気管支喘息に最も悪いと言われているものは、ダニやホコリ、カビなどと言われていますが、風邪症状からの喘息や、気圧の変化、汚い空気や煙、運動、ストレスや疲れなどといったものでアレルギー症状がひどくなります。

なるべく、気管支喘息の症状が重症化しないように原因となるものを取り除いていく生活が必要となります。

また、症状が出てしまった場合は専門医に見てもらい薬を使って症状を抑えることが重要です。

❏アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎

このアレルギーの種類に関しても、アレルギーの原因となる物質が粘膜についてしまうことでおきてしまいます。

また、アレルギー物質からの原因が主とは言われていますが、寒暖差や気圧の変化などにも反応してアレルギーの症状として出てしまう場合があります。

❏アトピー性皮膚炎

アトピーによる皮膚の炎症は、アレルギーの種類の中でも幼少期から良くならず悩んでいる方が多いようですが、症状の原因としては皮膚のバリア機能が低下している事で肌の乾燥がひどくなり、少しの刺激などに反応しやすくなってしまう為になかなか良くならないと言われています。

肌をできる限り清潔に保ち、肌に直接触れる素材などにも気を使い、とにかく保湿していく事がアレルギーの症状を悪化させない事につながるので、マメな肌のケアが重要となります。

❏花粉症

昔は乳幼児とは無縁なアレルギーの種類でしたが、最近では年齢に関係なく症状が出る人が年々増えているアレルギーです。

原因は、花粉が体内に侵入する事で目、鼻などを主に症状がでます。

花粉を体内に侵入させないように、マスク、メガネ、帽子などを身に着ける工夫や手洗いうがい、窓を空けない、布団や洗濯物を外に干さないなどを気をつけていく事が大切です。

❏蕁麻疹

主な原因となるものは、食品が多いのですが蕁麻疹に関してはアレルギーとしての診断が確実なものは30%ほどと言われているため、はっきりとした診断ができないのが現状のようです。

その他に考えられる原因としては、薬などに反応してしまい蕁麻疹としてでてきてしまう場合がありますが、この場合も確実な診断が難しいようです。

また、アレルギーの種類ではないものとして寒暖差、汗などといった皮膚への刺激からおこってしまう蕁麻疹もあります。

まとめ

主なアレルギーをまとめてみましたが、アレルギーの種類によっては症状を抑えるためにわざとアレルギーの原因物質を体内に入れていき、体を慣れさせて克服する治療などもあります。

まずは、自分のアレルギーの種類を知る事が重要です。

その後、自分にあった環境、治療などをみつけて行き、症状の軽減や克服につながるよう日常生活でも、なるべく規則正しい生活を中心にしていく事も大切です。

スポンサーリンク
レクタングル大広告