もしかしてその不調、ストレートネックの症状ではないですか?改善できる方法

スポンサーリンク
レクタングル大広告

もしかしてその不調、ストレートネックの症状ではないですか?改善できる方法

ストレートネックの言葉を最近よく耳にします。

普通に生活をしていると、自分の頭の重さをあまり意識することはほぼありません。

しかし頭の思っているより重く、自分の体重に対して10%分の重さがあります。

寝ているとき以外は、ほぼその重たい頭を首で支えている状態なのですが、肝心なその首の骨が正常ではないと、勿論負担が変な形でかかるようになり様々な部分の不調としてあらわれてしまいます。

今日は、ストレートネックについて症状から改善に効果的な方法までお話ししていきたいと思います。

ストレートネックとは

最近よく耳にするストレートネックとは、首の骨の並びが本来はカーブがゆるくついていて、そのカーブにより、頭の重さを上手に支えてくれていまが、首の骨が真っ直ぐに変形してしまい、本来の正しい頭の位置より前に出てしまう症状の事をいいます。

頭の重さは、本来体重の10%分の重さといわれていますが、ストレートネックが酷くなるにつれて頭が前にでるような姿勢になってしまうため、首周りの筋肉に負担がかかるようになり、体の不調につながってしまうパターンがほとんどです。

では、ストレートネックの症状について詳しくご説明していきます。

ストレートネックの症状

頭が前に傾くにつれ首周りにかかってくる負担の重さが変わってくることがわかっていて、仮に本来のストレートネックでない状態の頭の重さを5キロとして解りやすく表にしてみました。

(引用:ストレッチポール 公式ブログより)

このように、60°の傾きで27kgもの重さが首周りにかかることになります。

ストレートネックの症状を放置、または気付かないでそのままにしておけばおくほど身体にかかる負担が大きくなるため、色々な部分の不調につながります。

・姿勢が悪くなる、見た目も老けて見えてくる

・肩こり、腰痛

・頭が痛い、偏頭痛

・吐き気

・めまい

・耳鳴り

・しびれ

身体に影響が出てしまう症状としては、以上のものが主に考えられます。

首には、沢山の神経も通っているため骨が変形した事で、神経に触れたり圧迫してしまったりで、酷い症状になるとしびれなどが身体にあらわれる可能性があります。

ストレートネックを放置せず、改善していく事で身体への影響も減っていくため、まずは原因を知ってから、改善方法にはいっていきましょう。

ストレートネックの原因は?

ストレートネックの原因は、頭が前に出てしまうような姿勢を長時間、あるいは長い年月繰り返す事で骨が変形することで起こります。

・パソコン画面の除き込み姿勢

・スマホ、タブレット、ゲームを使用する際の頭を前に傾ける姿勢

・長い時間の運転姿勢

・頭を下に傾むけ、上からの覗き込み姿勢

このような姿勢を繰り返す事で、ストレートネックの症状となってしまいます。

また、最近では幼少期からのスマホ、ゲームなどが原因で子供にもストレートネックの症状になっている子は多いようです。

では、どのようにする事が改善になるのかお話ししていきます。

改善していくには?

まずは、自分がストレートネックなのかを確かめてみましょう。

❏チェック

ストレートネックかどうかは自宅でも簡単にチェックできます。

  1. 壁に背中をつけた状態で真っ直ぐたちます。
  2. かかとも壁につけます。
  3. 頭、背中、腰を壁になるべく密着させるように立ちます。アゴも引きます。
  4. この状態で、頭と肩が壁からはなれて隙間が空いていたらストレートネックの症状です。

❏ストレートネックの改善

改善方法として、日常生活でも簡単にできる内容をお伝えします。

  1. アゴを引く

頭が前に出ている状態になっているため、アゴを引くことを意識していきます。

気付いた時にはアゴを引いて姿勢を気をつけてみましょう。

  1. 後ろにストレッチ

手を後ろで組んて、肩甲骨を中心に引き寄せるように伸びをします。

この時も、アゴを引く事は忘れずに。

  1. 枕を使わない

枕を使わない状態で寝る事で、首の骨がカーブします。

枕なしでは寝れないなどの方は、ちゃんとした枕専門店で首のカーブを意識する自分にあった枕を選ぶことが大切です。

  1. 姿勢

パソコン、スマホ、ゲームなどのストレートネックの原因になる事を、避けていく事が近道ですが、中には仕事で避けることのできない場合もありますので、覗き込むような姿勢にならないように、なるべくパソコン、スマホ等から距離をおいた姿勢でやる事が改善に効果的になります。

体を本来の正しい姿勢に戻してあげなければなりません。

そのためには、ストレートネックの間違えた姿勢になれて、固くなってしまった筋肉もほぐしていく事が大切です。

 

気付いた時には、首周り、肩、腕と回したりストレッチをするなどもしていきましょう。

まとめ

ストレートネックだとわかったら、すぐにでも改善していくようにする事で肩こり、腰痛、頭痛などの慢性的な症状も和らぐ可能性が非常に高いです。

また、ストレートネックの為姿勢も悪くなり老けてみえてしまったり、変な姿勢でスタイルも悪くなり見た目の部分にも大いに関わりがあるので、できる限り早い改善対策に取り掛かっていき、ストレートネック症状は勿論、身体の負担も軽くしていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告