風邪を引かないための食べ物を使ったレシピ

スポンサーリンク
レクタングル大広告

風邪を引かないために大切なこと

風邪は主にウイルスの感染によっておこる症状です。

ウイルスが鼻やのどの粘膜にくっつくことで粘膜を壊し炎症を起こして喉が痛くなったり、鼻水が出たりします。

そんな症状を出さないためには、まず免疫力を上げる必要性があります。免疫力を上げることで体の抵抗力を上げて強い体を作る必要があります。

そのためには、まず睡眠を十分にとります。人にもよりますが、最低でも6時間~8時間の睡眠が必要とされているようです。

仕事が忙しくなかなかそんなに寝る時間がない人の方が多いのではないでしょうか。

そうなると、睡眠のほかに免疫力を上げる方法が必要になります。一番手っ取り早いのが食事から免疫力を上げるための食べ物を多く摂ることが必要です。

では、風邪を引いたときにどのような食べ物を食べることで免疫力が上がるのか、その食べ物を使ったレシピも紹介しようと思います。

風邪に負けない体を作る食べ物

体を強くし免疫力の高い風邪に負けないためにどのようなためどのような食べ物が必要かご存知でしょうか?

主に、体を温め粘膜や胃を守るための栄養が含まれた食べ物がよいとされています。

例えば、体を温めるために食べると良い食べ物はネギやニラ・ショウガ等があります。

体力をつけるためには、赤身のお肉やお魚・豆腐などがあります。

風邪と言って欠かせないのがビタミンではないでしょうか。

そのビタミンが多く含まれているのは、イチゴやミカンなどの果物や、緑黄色野菜やイモ類等が含まれます。

胃を守り消化・吸収を助けてくれるのが大根・サツマイモ・カブ・レンコンなどがあります。

他にも食欲を上げてくれるものも活用すると良いと思います。

薬味に梅干しや春菊など活用し食欲を上げてしっかり食事をとることで体の調子を整えましょう。

では、これらを使ったレシピをご紹介しようと思います。

免疫アップで元気な体を作るレシピ

風邪を引いていたり食欲がない時におすすめなレシピは、大根と梅干を使ったぶっかけうどんですね。

大根をおろし食べやすくしたところに冷たく引き締めたうどんの上にのせて梅干をのせると簡単にできます。

他にも、ご飯のお供にも抜群なレシピである豚の生姜焼きなどもおすすめですね。豚肉のたんぱく質にショウガの体を温める効果で風邪にもなりにくくなります。

朝ごはんにももってこいのレシピはお粥に卵と刻んだニラや春菊を入れて作ることで朝に必要なパワーの源が得られるので免疫力も上がります。

このように食事をする中でも上記に挙げた食べ物を日常的に使用することで体の調子を整えることで風邪を引かないようにしていただけたらと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告