あなたの頭痛は何が原因?何の頭痛の種類と対策!

スポンサーリンク
レクタングル大広告

頭痛の種類について

頭痛とは頭に感じる痛みのことで、髪が生えている皮膚表面的な痛みではなく、内部に響く痛みのことを言います。

そして、頭痛といっても色々な種類があります。その頭痛の原因にも種類があるのでその説明をしようと思います。

まずは肩こりやストレス等により筋が緊張してしまう頭痛が起きます。この頭痛はストレスがたまることで筋が固くなってしまい頭痛が起きます。

その不快感からストレスが溜まってしまいさらに頭痛が悪化するという悪循環になってしまいます。

次に、 片頭痛 はどちらか片方に強い痛みが出てきてしまうことを言います。

原因は色々あり、血管が気圧等の外の刺激によって拡張することで過度の血液がめぐることで起こる痛みがあります。

ほかにも先ほど説明した筋緊張によるものもあります。

群発頭痛 と言われる、決まった片側のみが出てきますが、その頻度は2日に1回~1日8回に出てくるなどそれぞれあります。

しかし、頻度は異なりますが群発頭痛は1か月~数か月続くのが特徴的です。原因は多量の飲酒による頭痛が原因のことがあります。

他にも、頭にある感覚神経が傷つくことが原因で出てくる神経痛でもあります。

そして、最後に脳疾患による頭痛があります。脳腫瘍や頭蓋内出血によって脳内が圧迫されることで出てくる痛みがあります。

これらの頭痛が原因で、ストレスを感じてしまい生活に支障が出てきてしまいます。

脳疾患による頭痛は病院で見てもらうことでしか治りませんが、その他の頭痛は改善できることがあるので改善法をお伝えしようと思います。

頭痛を軽減するための対策

頭痛は色々な原因で起こることがわかります。その中で改善できる対策があるのでここではご説明しようと思います。

まずは食事についてですが、血管を拡張させる作用のある

ポリフェノールなどは多量に摂取してしまうと頭痛を起こしてしまうため、オリーブオイル・チーズ・赤ワイン・ハムなどはポリフェノール等が多く含まれているため注意が必要となります。

頭痛の出やすい方は避けた方がよいかもしれませんね。

他には、日生活で避けた方がよいことがあります。

それは移動の時などにバスなどの大型の乗り物に乗る際には匂いや振動によって頭痛を起こしたり、または悪化させてしまうので対策を立てる必要があります。

大型の乗り物に乗るときは振動がよく伝わるとされている後部座席や、タイヤの真上の席は避けるようにしましょう。

そして、大きな音がよく響くような場所は音の反響によって頭痛が起こりやすいことがあるため注意が必要です。

他にも、密集していたり空調が十分でない匂いのこもりやすい場所も要注意です。

以上のことを踏まえて日常生活でも気を付けると頭痛が軽減されると思います。

まとめ

頭痛とは生きているうえでずっと付き合っていかないといけない人も多いのではないでしょうか。

そんな中、お薬にばかり頼ってしまうと耐性ができてしまいなかなか効かない場合があるとおもいます。

その場合には無理に仕事や行動をしないで適度に休憩を取りながら

余裕がある場合は運動やストレッチなどの軽い運動を取り入れてみたり、自分の好きな趣味に没頭してみるのも良いかと思います。

頭痛があるのに無理して行動してしまうとそれがストレスとなりそれが頭痛の悪化になってしまうので

お風呂にアロマを使ったり整体などのマッサージによって筋の緊張をほぐすことでも頭痛を軽くする対策の一つになります

頭痛は一度出るとなかなか収まらないので気になって仕事ができなくなることもあると思いますが、無理をせず適度に手を抜きながら物事に取り組んでもらえたらと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告