便秘を治す!便秘を軽減する方法は?

スポンサーリンク
レクタングル大広告

便秘を治すまたは軽減する方法

便秘は人それぞれなんです!

便秘とは、便の回数が何らかの原因で回数や量が減ってしまうことを言います。

しかし、便秘と言っても原因は色々で人によって違ってきます。ここでは、便秘の種類や原因についてご説明しようとおもいます。

まず、便秘は大きく2つに分けられます。機能性便秘器質性便秘があります。

機能性便秘とは、便が作られる時に通過する胃や小腸などの消化器が原因で起こる便秘のことを言います。この便秘では、さらに3種類に分かれます。

一時期のある一定の期間だけ便秘になる急性便秘とずっと長い期間続いてしまう便秘を慢性便秘、薬の影響からなる医原性便秘に分かれます。

器質性便秘とは腸の病気によって腸の通り道が狭くなってしまい起こる便秘のことを言います。

例えば、がんや腸管ヘルニア等の疾患が挙げられます。

これらの便秘の種類があります。そして、原因も細かく分かれてきます。

急性期の便秘では、食物繊維が少なく便が作られにくくなっていることがあります。

ほかにも、水分が少なかったり寝たきりなど運動不足によっても消化器機能が落ちてしまい排便できない状態にもなっていることがあります。

他にも、環境の急激な変化や何らかのストレスを受けていたりダイエットなどにより極端な食事制限をしていることで起きてしまうのです。

慢性便秘では3種類の原因に分かれます。まずは弛緩性の原因では、大腸の動きが悪くなり起こる便秘です。高齢者や出産の回数が多い人が多くなります。

痙攣性の原因では腸がひきつったように動いてしまうことで腸が狭くなってしまい便秘になってしまいます。

最後に直腸性の原因があります。この場合は直腸に便が排せつできるだけの量溜まっているのに脳が認識できていないために排せつできない状態で便秘となることを言います。

この場合はトイレを過度に我慢したり浣腸をしすぎることで起こってしまいます

このように原因は色々な種類があります。その原因も人によってそれぞれあるため治すとしても時間がかかり方法もそれぞれあります。

ですので、次では治す方法と軽減するための方法をお伝えしようと思います。

便秘を治す軽減する方法とは?

治す方法としてはやはりまずは病院へ行く必要があります。そこで自分がどのような便秘なのか知る必要性があります。

そして、内服薬を処方してもらうことが必要です。

その人によって下剤を処方されたり、整腸剤を処方されたりとそれぞれあったものをもらえるのでおすすめします。

そして、内服薬だけでは十分に便秘を治すことができません。

ここでは、日常生活の中で出来る方法をお伝えしようと思います。内服薬はあくまで一時的なものです

内服している間は便秘にならなくても、内服をやめてしまうと元の便秘に戻ってしまうので日常生活で腸の環境を整えたりすることで軽減することができるんです。

まずは、1日1回決まった時間にトイレに行くようにします

便意がないのに行っても意味がありませんが、便意が少しでもあるならトイレに行って座ってみるのも一つの方法だと思います。

トイレに座っているときにウォシュレットやシャワートイレがあるのであれば使用して刺激したり、下腹部の辺りを「の」の字にマッサージすることで排せつを促すことができます

そして、朝起きた時には白湯や冷たく冷やした牛乳などを飲むのも良いとされています。

冷たい飲み物や水分を摂ることで体を潤し腸を刺激するため効果的とされています。

他にも、軽いウォーキングをするなどの運動を取り入れることで腸の運動も促すことができます。

上記のことを日常生活に取り入れることで軽減できるので是非やってみてください。

まとめ

便秘にはまず日常生活を整えることも大切です。

体調の変化で腸は敏感に反応してしまう臓器の一つです。

なので、なるべくストレスを抱えないようにリフレッシュをしながら根詰めないようにしないように生活していただけたらと思います。

そして、バランスのとれた食事をしてもらい、なるべく暴飲暴食をしないようにしていただけたらと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大広告