疲れからくる腰痛の改善!その方法は?

スポンサーリンク
レクタングル大広告

腰痛になるのはなぜ?

腰痛とは、なんらかの原因によって腰に炎症が起こることで痛みに変わりそれを感じ不快に思うことです。

3種類の腰痛に分けられ、腰痛が発生してから6週間以内でおさまる腰痛を急性の腰痛と言われています。6~12週間以内を亜急性の腰痛

12週間以降まで続く腰痛を慢性の腰痛と言われています。

腰痛の原因は色々あり、何らかの外からの刺激によって起こる腰痛非特異的腰痛と言われています。

ヘルニアやぎっくり腰・圧迫骨折などの疾患による腰痛特異的腰痛といいます。

非特異性腰痛では、ストレスや不安・肥満や年齢によって起こるだけでなく過度の運動や重労働をすることで腰痛になってしまいます。

過度の負荷が腰にかかることで腰回りの筋肉が傷つくことで痛みが起きてしまうのです。

ストレスや疲れがたまることで腰の周りの筋が固くなってしまい緊張性腰痛となります。

この状態が続いてしまうとぎっくり腰などの疾患に変わってしまうため要注意が必要です。

これらの腰痛を改善するためには、どのようなことに注意しなければいけないのか次でご説明しようと思います。

腰の疲れをとって腰痛を改善しよう

まずは、腰に負担をかけないように気を付けることが必要です。

しかし、日常生活の中で活動をしているとどうしても腰に負荷をかける形になってしまいます。

その負荷をいかに軽減し腰に疲れがたまらないようにすべきなのかをご説明しようと思います。

まずは姿勢についてですが、なるべく前かがみにならないようにします。

前かがみの状態が続くと腰に体重がかかり支えようとするため腰に多大な負荷をかけてしまうの姿勢を正し背筋を伸ばして腰に負荷をかからないようにすることが大切です。

そして、体を冷やしてしまうと腰の筋肉が固くなってしまい伸びにくくなってしまうため、特に女性は腰回りを冷やさないように気を付けます。

体を温めて血流を良くしておくと腰痛も軽減され腰痛がなりにくい体に改善されるので体は温めておくことをおすすめします。

他にも、お腹や背中の筋肉を鍛えておくことで体幹を支える力が付くため腰痛になりにくくなります。

体幹をメインに鍛えておくことで、年をとっても腰が曲がらず良い姿勢のままで過ごすことができるので筋トレは今後のためにもおすすめです。

そして、疲れがたまったと感じた時には体のメンテナンスもかねて整体やマッサージなどで体の調子を整えて疲れを取り除くことも必要です。

マッサージなどで体をリラックスさせたら、十分に睡眠をとって体を休めていただけたらと思います。

最後に

腰痛とはこれからも付き合っていかなくてはいけない痛みだとは思います。

しかし、うまく付き合うことで痛みを軽減して改善することができるので上記に挙げたことに注意しながら日常生活を送ってもらえたらと思います。

体に負荷をかけないように気を付けて活発な活動をしていただけたらと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告