シミに必要な栄養が多く含まれた食べ物について

スポンサーリンク
レクタングル大広告

シミにも色々ある

年を取るにつれて誰にでも出てくるシミ。そのシミにも種類があるのをご存知でしょうか?

シミというものは、ホルモンのバランスの乱れや、紫外線によりメラニン色素と言われるものがお肌の細胞にくっつくことでシミができます。

肌の新陳代謝が年齢によって落ちることでシミの色が濃くなってくるようです。

シミは全身にでき、主に顔や体の目に見えるところに出ることが多いようです。

そして、女性ホルモンのバランスが乱れることで出来るシミのことを、肝斑と言われるものです。

肝斑は左右対称にできるシミで、目の下のラインに沿って蝶々のように広がったり筆で線を描いたようなシミが特徴的に出ます。

他にも年を取ることで紫外線の影響で出てくる黒っぽくはっきりとしたシミを老人性色素班と言われます。

思春期に出てくるシミとしては顔の真ん中に帯状に出てくるそばかすと言われる丸いぽつぽつとしたシミがあります。

これらのシミは、長年の肌のダメージによるものや体の調子によるもので出来ます。

では、このシミをどのように改善するべきかというと化粧品などがよいかもしれませんが、ここでは、シミを軽減予防してくれる食べ物をご紹介します。

シミを軽減・予防するための栄養素とは?

シミはなかなか手ごわく、一度できてしまうと消すのには時間がかかってしまいます。

肌の新陳代謝が落ちることで、肌が新しく生まれ変わることができないためシミはどんどん蓄積されてしまい、濃くなってしまいます。

では、お肌にはどのような栄養素が必要なのか説明しようと思います。

まずは、お肌の弾力性やハリを保つために必要なコラーゲンがあります。これは体であまり生成することができないため外から摂取するしかないようです。

そして、新陳代謝が落ちている場合は落ちている新陳代謝を上げてくれてメラニンを追い出すのを助けてくれるのはL-システインです。

L-システインは美白や美肌になるためには欠かせない栄養素のようです。詳しくは後ほどに続きます。

次に、ビタミンCはお肌をきれいにするためにはよく聞く栄養素ではないでしょうか?ビタミンCはコラーゲンを作るためには必要な栄養素でコラーゲンの生成を助けてくれる栄養素です。

しかし、ビタミンCは過熱や水洗いに弱いため扱いには注意が必要です。

ビタミンE肌をぼろぼろにしてしまう活性酸素から細胞を守ってくれる作用を持ってます。

上記のに挙げた栄養素を摂ることでお肌の調子を良くして美白になっていただけたらと思います。

次は、食べ物をご紹介しようと思います。

肌の改善に必要な栄養素が含まれた食べ物は?

まずは、コラーゲンが多く含まれた食べ物を紹介しようと思います。コラーゲンは主に柔らかくプルプルしたものに多いようです。

例えば、豚足や手羽先・ふかひれ・かれい・エビなどがあります。これらをメインにとると良いようです。

L-システインはたんぱく質に多く含まれており、牛肉やラム肉・牛肉・鮭・小麦粉に多く含まれるようです。

ビタミンCイチゴ・レモン・ピーマン・ジャガイモなどに含まれています。果物類は加工せずにそのまま食べることでより多くのビタミンCを摂取できます

ビタミンE豆やピーナッツ・ほうれん草などに多く含まれています。

これらの食べ物を多く摂ることでお肌の状態を良くしてくれるのでいつもの食事に取り入れてみるのも良いかと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告