低気圧のせい?頭痛の原因と対処方法

低気圧のせい?頭痛の原因と対処方法

偏頭痛で悩んでいる方は、意外と多いです。最近ではこの頭痛で病院に訪れる患者さんは増えているようです。

風邪や体調不良での頭痛ならいくらか対処はできますが、そうでない場合はわからないまま頭がズキズキと痛くなり、動く事も大変な状態になってしまいます。

人によって頭痛の原因はそれぞれですが気圧の変化が原因で頭痛がすると言う方が風邪の時よりも圧倒的に多いようです。

今日は、低気圧や気圧の変化による頭痛の内容をお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

1.どんなタイミングで頭痛が起きる?

気圧の変化が原因で起きてしまう頭痛のタイミングで1番多いのは、雨の降る前などの低気圧の時のようですが、中には高気圧のタイミングで頭痛が起きてしまう人もいるようです。

また、近年の異常気象の多さからゲリラ豪雨などいきなりやってくる天気の変化で頭痛がひどくなる人もいるようです。

さらに、気圧の変化は天気だけでなく高層階の建物や飛行機などでも起きるため

自分が気圧の変化で頭痛が起きるとわかっている場合、低気圧なのか高気圧なのかを把握しておけば対策もできるので、自分の頭痛タイミングを観察する事が大切です。

ちなみに、私は雨の前の低気圧だと頭痛が、飛行機に乗り高気圧になると鼻炎がなぜかひどくなります(´;ω;`)

2.なぜ気圧の変化で頭痛が起きる?

気圧の変化が起きるのは、雨、台風、ゲリラ豪雨などの天気が悪くなる時に起きます。

その為、雨の降る前などに体調が優れなく頭痛がすると言う人はが多いようです。

◆自律神経の乱れ

私達は、自律神経が正常であれば体調を崩すことは少なくなります。

自律神経には、交感神経・副交感神経がありストレスや興奮時には交感神経が優位になってしまい、リラックスしているときには副交感神経が優位になりこのバランスが大切なのですが、気圧が変化することで私達の体にはストレスがかかっているのです。

そのため、気圧の変化の中でも低気圧の影響で交感神経が優位になってしまい血管収縮などから血管周りの神経を刺激してしまい頭痛が起きてしまいます。

◆内耳

鼓膜のさらに中に位置する内耳ゾーンは、私達のバランス感覚を操作してくれるものがあります。

そのため、めまいなどを頻繁に起こす人はこの内耳に原因があるともいわれていますが、

低気圧などの気圧の変化で内耳の器官が敏感に反応してしまい、脳にストレス反応を出すことで頭痛が起きているのではないかと言われています。

内耳ゾーンが敏感に反応してしまうことで、脳に気圧の変化で感じたストレスの指令が行ってしまい、その結果交感神経が優位に動き出して血管収縮などを起こし神経を刺激する事で、頭痛が起きてしまうと言う事です。

では、低気圧などの気圧の変化で起きる頭痛の対策としてどうしたら良いのかを、もう少しお話ししていきますね。

3.低気圧からの頭痛対策

それでは、頭痛の対策方をご紹介していきます。

◆自律神経を整える

原因不明の体調不良のほとんどは、この自律神経が暴れて乱れてしまう事で起きます。

まずは、自律神経を整えるために規則正しい食生活、睡眠、運動、生活を送るように心掛けて行きましょう。

低気圧の頭痛は、交感神経が優位になることが原因ではありますが、だからといって副交感神経を優位にすれば良いものではありません。

バランス良く整える事が大切です。

・40℃以下のぬるま湯に20分以上浸かる
・両手指先の爪を揉む
・決まった時間に早寝早起きをする
・就寝前のスマホやパソコンなどのブルーライトは避ける
・適度な運動(ストレッチ)

このような事を毎日習慣づけていく事が対策としておすすめです。

また、過去の記事の睡眠に関する記事も参考になるかと思います。

「睡眠の質を良くするための改善方法」

◆耳の体操

内耳のバランス感覚を調整するあたりには、リンパ液があるためリンパや血行を良くして頭痛対策をしていきましょう。

1. 耳を外に引っ張るように持ち、耳の上部分、耳たぶ、耳真ん中部分を順番に   それぞれ前後10回ずつ回しましょう。

2. 回り終わったら、耳全体を手で擦るようにこすり終了です。

たったこれだけの運動でも、耳周りがポカポカして流れが良くなるので毎日続けていきましょう。

◆温度調節対策

気圧の変化と共に、気温の変化が激しい季節や場所にいる場合はなるべく体を急激な温度の変化にさらさないようにすることも対策として大切です。

羽織るものを持ち歩いたり、なるべく低気圧などの気圧の変化がある時はエアコンで調整するなどしていきましょう。

◆薬を飲む

頭痛持ちの場合、薬をすぐに飲んでしまいがちですが、薬は一時的に痛みを抑えるだけなので、

どうしてもやらなければならない事があるとき以外は根本的な事を治していけるような対策をおすすめします。

低気圧などで頭痛がしてしまう人は、乗り物に酔いやすい人が多いようです。

そのため、酔い止めの薬が効く場合もあるようなので、頭痛薬などでなかなか良くならない人は、専門医に相談することをおすすめします。

4.まとめ

低気圧などが原因で頭痛が出てしまう場合は、前もっての対策をしていき少しでも痛みが和らいでいけば、日常生活に支障が出てしまうことも避けられます。

自律神経が乱れないような、バランスのとれた生活を習慣にしながら是非低気圧での頭痛対策をしていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告