ピルを輸入するのにリスクになる事とは?

ピルを輸入するのにリスクになる事とは?

日本ではピルを服用するために処方箋が必要となり、医師からの説明や服用するための検査などを行ってから手元にピルがくる流れですが、その後も定期的に病院に通いその都度処方をしてもらいます。

勿論、医師からの検査や説明があった後に服用する事の方が確実で安心なのは誰もが思うことだと思いますが、最近ではインターネットなどで簡単に色々な物が買えるために時間がなくて病院へいけない事や、定期的にお金がかかるなどの理由からネットを使って個人的にピルを買い服用する方が増えているようです。

今日は、ピルを個人的に買う事のリスクなどを中心にお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ピルを個人的に買うには?

日本国内では、ピルの服用には処方箋が必要なためネットで個人的に処方箋無しで購入する事はできません。

その為、個人的に買う場合はネットを使い海外から個人輸入で購入することになります。

個人輸入の場合、処方箋無しで入手することができますし、海外の物を日本国内に入れる為にはそれなりの面倒臭い手続きが必要ですが、ほぼ個人輸入代行の会社が間に入っていることが多く、ネットでみるサイトなども日本語で買いやすくなっています。

しかし、ピルの輸入にはリスクもあり、実際に輸入したピルで身体に異常が出てしまったと言うケースもあるようです。

ピルの輸入で考えられるリスク

❏リスク1. 個人輸入代行

ネットで購入する際に、サイトも日本語だし日本の会社が仲介に入っているから何かあっても大丈夫!安心!と思っている方が多いようですが、それは大きな勘違いです。

代行業者なので、あくまでも海外からの購入する時のお手伝いをしてくれているだけなので、何か問題が起きてもピルに限らず商品に対する対応は、ほぼしてもらえないと思ってください。

問題が起きても、あくまでも個人輸入なので個人で対処しなければならないリスクがあります。

❏リスク2. 偽物

なかなか、日本国内では考えられない事ですが、輸入した薬などが実は偽物だったと言うケースはよくある話です。

輸入したピルを個人の判断だけで飲む事になるので、実際には服用していても偽物と言う事に気づかないで飲んでいる場合もあるようで、ピルを飲んでいるのに妊娠してしまったなど、服用中には気づかず結果的に偽物だと気づいたと言う例もあります。

本物のピルを真似て作ってあるため、見た目などはほぼ変わらず成分が違うなどの偽物と言うリスクがあります。

❏リスク3. 衛生面 環境面

この場合も日本ではなかなかないケースですが、偽物の薬を作るところは明らかにきちんとした会社ではないので、ピルを製造する工程や過程が全くわかりません。

衛生面が悪い場所で作られている可能性が非常に高く、そんな輸入ピルを服用して身体に異常が出てしまうと言うリスクもあります。

❏リスク4. 金額

ネットでの輸入ピルは、本来処方箋をもらい購入するより安く手に入ります。

一見、定期的にお金がかかることを考えれば少しでも安く購入したいと思うのは当たり前ですが、リスク2と3でお話ししたように、安く購入しても偽物で効果がなかったり身体に異常がでてしまったら、下手したらこの先ずっと治療をしていかなければならないような異常がでて、ピルを安く輸入しても後遺症などがでてしまい治療費がかかるようでは、安く買えた意味が全くありません。

❏リスク5. アフターケア

処方箋をもらい服用していれば定期的に病院へ行かなければならないので、服用した際に起きた身体の変化や異常などをその都度相談でき、検査をしてもらう事ができます。

ピルを輸入した場合、記載されている物は勿論日本語ではない為読めなかったり理解ができなかったりで、いざ困った時に頼りにできるところがなくなってしまうというリスクも考えなければなりません。

実際に、輸入ピルを服用して体調が悪くなりどうしていいのかわからずに結局病院へ行ったと言う方もいるようです。

❏リスク6. 副作用

日本国内で処方してもらった本物のピルを服用しても、薬なので副作用があらわれてしまうことはあります。

ピルの副作用は血栓や乳癌などもあげられているため、服用しながらの検査も定期的に必要となりますが。輸入してしまう事で検査などもできないため自分に副作用が起きているのかいないのかもわからず飲み続け、気づいたら手遅れになっているという恐ろしいリスクも考えられます。

ピルを輸入する事で考えられるリスクは、このように沢山あります。

確かに、輸入すればネットサイトで「ポチッ」と購入ボタンを押し、通常よりオトクな金額を支払い、届くのを待っているだけで手元に届く事は、楽だし安いしそんないい事はありません。

ピルの金額

❏処方してもらう場合

処方される種類にも違いがありますが、保険が適用できる場合とできない場合があり、基本的に日本国内では低用量ピルが主に使われ、中用量ピルを使うケースもあるようですが、平均は、2,000円〜3,000円が1シート分の金額です。

他、診察料や処方箋を出してもらう金額などが加算された金額が合計金額となります。

❏輸入する場合

個人で輸入する場合は、1,000円〜3,000円程で購入することができますが送料がかかってくるため、まとめて買うなら金額的負担は処方してもらうより少なくなります。

輸入する場合としない場合を比べても1シートにそこまでの金額の差は無く、輸入の際は送料などが加算される事を考えれば、リスクを覚悟してわざわざ輸入する事の方が高いような気もしてしまいます。

まとめ

輸入品のピルは安心感、信頼感がなく、何を飲まされているかわからないのが本音ですが、勿論中には本物のピルを販売しているところもあります。

しかし、自分自身の身体に入るものなので、例え本物だとしても販売者が知り合いでもなく、知らない国の知らない人となれば確かめる方法は飲んで様子を見るしかないのですから、やはりリスクは高くなります。

100%ピルの輸入に反対な訳でもありませんが、出来れば信頼がおける医療機関で安心して飲めるピルを処方してもらう事をおすすめします。

スポンサーリンク
レクタングル大広告