ストレスによる身体的な症状が出た時の対処法

ストレスがたまりやすい人ってどんな人?

最近ではいろいろな外からの刺激によってストレスを感じる人がとても多いのではないでしょうか。

ストレスとは環境の変化や、体の調子・悩みなど生きているうえで避けれない刺激のことです。

そして、その刺激に強い人や弱い人によってもストレスの感じ方は異なってくるのです。

例えば、とてもまじめで仕事もきっちりこなし、周りにもとても気を遣う方はとても刺激に敏感でストレスを感じやすいといわれています。

常に気を張り、人の話にも常に耳を傾けどんな対応もできるように臨戦態勢でいます。

そんな時間が長ければ長いほどストレスを感じ、気を休める時間が短いのでストレスを発散する時間も少なくなり体にたまってしまいます。

他にも、自分に自信がなくいつもびくびく挙動不審で、トラブルが起きると何もできなくなってしまう人がいるのではないでしょうか?

そのような人はとても小さなささやかなことでも気に病みずっとストレスを自分で与えてしまい、ため込んでしまっているのではないでしょうか。

上記に挙げた人だけではなく、我慢強い人やとても短気な人好き嫌いで物事を判断し行動する人もストレスを感じやすいようです。

では、ストレスを感じすぎるとどのような症状が出るのかお話ししようと思います。

ストレスがたまると出てくる体の影響

ずっと刺激に耐え続け、そのストレスを外に出すことができないとどのようになるのでしょうか?

症状は与えられている刺激にもよりますが、症状はたくさんあります。

例えば、体に出てくる症状としては体のあちこちが痛くなったり、肩こりや腰痛が出てきます。

他には、気分が悪くなったり胃が痛くなるなどの消化器の症状が出てきます。

人によっては眠れなくなる人もいるようです。

心の面では、やる気がなくなり活気がなくなります。そして、気分が落ち込んでしまい気になるものすべてが嫌になってきます

自分の周りで起こることがすべて気に入らなくなりずっとイライラしてしまったり、とても不安に感じるようになります。

このような状態がずっと続くと、お酒の量やたばこの量が増えてしまうこともあるのではないでしょうか。

そして、集中力も落ちてしまいますので、仕事でもミスをしてしまったり事故を起こすこともあるのではないでしょうか。

こうなってしまうとなかなかストレスを発散しようにもできなくなってしまうので病院へ行くことになってしまいます。

それでは、このような状態にならないようにどうすればいいのか、対処法をご紹介しようと思います。

ストレスがたまらないための対処法

上記に挙げた症状が出始めた時には体にキャパシティーオーバーのストレスが溜まっているということがわかります。

それでは、たまったストレスをどうしたらいいのか?対処法はどんなものがあるのか?ここではご紹介しようと思います。

例えば、おうちに帰って一日の終わりにお風呂に入ってリラックスする人は多いのではないのでしょうか?

お風呂に入るときにお勧めなのが、浴槽にアロマオイルを入れて香りを楽しむことです。

アロマオイルを入れるために浴槽にお湯を溜めるため、ゆっくり肩までつかることができます。

すると、体も心もほぐれて一石二鳥ですね。そして、さらに体をほぐすためにお風呂グッズを使うのも良い対処法です。

毎日お風呂を溜める余裕のない人は、週に1回はお風呂にお湯を溜めるように習慣づけるとよいかと思います。

他にも、おすすめの対処法がとにかく自分のしたいことをすることです。

それが、スポーツなどのアクティブな人もいれば映画を見るなどのインドアな人もいると思います。人によって対処法は異なりますので、自分に合った対処法を探してみてください。

まとめ

ここでは、気軽にできるような対処法をお話ししましたが、こんなことではストレスは発散できないという方は専門家にお話を聞いてもらうのも対処法の選択肢の1つかもしれませんね。

なるべくストレスをためないようにするには、適度に仕事して適度に手を抜くことが大切です。全力で物事をすることには必ず限界が来てしまいます

限界が来て体を壊してしまう前に自分に合った対処法を見つけていただき楽しく健康的な人生を送ってれるよう頑張りましょう。