風邪を引いたときに食べると効果的な食べ物

風邪を引いたときに出てくる症状

季節の変わり目や、乾燥などによりのどの調子が悪くなったり、熱が出たりするのではないでしょうか?

風邪の症状は人によって異なります。くしゃみや鼻水といった鼻から来る症状の人もいれば、のどの痛み、扁桃腺が腫れるなどののどから来る人・熱が出る人・頭が痛くなる人もいると思います。

そんな症状がでてくると皆さんは風邪を引いたと認識するのではないでしょうか。

他にも、インフルエンザといった流行の風邪などを引いてしまうと38~39度の熱とともに、体の節々が痛くなったり筋肉痛がでます。

治るまでには7~10日かかる人もいます。抵抗力の弱い人でがいると肺炎になってしまうこともあるようです。

インフルエンザでは病院にかからなくてはいけないことが多いですが、普通の風邪では3日程度休めば治る人が多いですね。

そんな時には病院へ行く人は少なく家で安静にしている人が多いと思います。

家で出来ることは暖かくして食事をしっかりとることですね。では、風邪を引いたときに効果的な食べ物をご紹介しようと思います。

食べ物の効果

風邪を引いたときに食べると効果のある食べ物をご紹介し、その食べ物の効果についてもお話ししようと思います。

例えば、体を温めるためによく使われるのはショウガではないでしょうか?ショウガは体を温めるだけではなく、のどの痛みやかすれ声など喉の症状によく効きます。

ネギは薬味などで使うだけでなく焼いたりすることで多く摂取すると体をあたためて汗を出してくれる効果があります。

ネギと同じ種類のニラは栄養価も高いためお粥などに刻んだニラを入れると栄養も摂れて体も温まるので一石二鳥ですね。

大根は大根に含まれる酵素によって胃液をたくさん出してくれて消化を良くしてくれる効果があるのです。

他にも、風邪を引いて体力が落ちて体が疲れているときには豚肉を摂ると疲労回復もできるためおすすめですね。

熱が高い時にはトマトを食べると余分な熱を下げてくれる上に水分がたっぷり含まれているため脱水を防いでくれる効果があります。

たんや咳がひどい人は春菊を多く摂ると良いです。咳やたんを止めてくれます。そして食欲も増進してくれるので風邪を引いたときには効果的な食べ物です。

体力をつけるためには、豆腐などのたんぱく質を摂ることが大切です。たんぱく質を多く含む大豆製品は特に効果的な食べ物と言われています。

以上の食材から栄養を摂ることで風邪を早く治し体の調子も良くしてくれます。

まとめ

風邪を引くと汗もかきますし体力も消耗してしまいます。そんなときには無理をせず家でゆっくり休むことが前提です。

しっかり休養を取ってもないのに食事をとるだけでは治るものも治らなくなってしまうので注意が必要です。

しっかり休んで、しっかりご飯も食べてしっかり水分補給もすることが早く風邪を治すためのには一番効果的です。

上記に挙げた食べ物を普段から取り入れることで風邪予防にもなるのでおすすめです。

食事バランスを普段から整えて風邪を引かないようにしっかり予防していただけたらと思います。