【食べ物のせい?!】ワキガのにおいの原因となる食べ物

【食べ物のせい?!】ワキガのにおいの原因となる食べ物

脇のにおいが気になる、もしかしたらワキガかも?!

仕事で一日着ていたシャツの脇部分が黄ばんでいたり、脇からなんとも言えない臭いがしたときに疑うのはワキガでしょう。

脇のにおいについてなどは誰かに相談もしにくい事柄なので、オフィスや学校、エレベーターなどでも臭ってないか不安になることもあると思います。

今日はワキガの方や、そうでないけど何となく脇のにおいが気になるという方に、原因となる控えたほうが良い食べ物と臭いを抑えることができる食べ物についてお話ししていきます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

1.ワキガの原因

脇汗をびっしょりかいたからと言って誰しもが臭くなるわけではないですよね。

ではなぜ臭くなってしまう人がいるのでしょうか。

汗を出す汗腺は2種類あり、ほぼ全身にあるエクリン腺と、脇やデリケートゾーンにしかないアポクリン腺という汗腺があります。

アポクリン腺から出る汗は脂質、たんぱく質、糖質、アンモニアなどの成分が含まれており、エクリン腺から出る汗と比べて少しべたべたした感じがあるのが特徴です。

アポクリン腺から出た汗が皮膚上の常在菌と混ざることによって臭いが発生するのですが、そこに皮脂が混ざることでさらに臭いがきつくなることがあります。

そしてエクリン腺からで出るサラッとした汗と一緒に蒸発することで、周囲に臭いが拡散されてしまいます。

臭いがきつくなりやすいアポクリン腺の数は生まれつき決まっているので、前はそんなことなかったのに、という方は何らかの原因でアポクリン腺の活動を活発にしてしまって、汗の分泌量が増えてしまっているのかもしれません。

2.アポクリン腺を刺激する食べ物

今まで脇の臭いなんてそこまで気にならなかったのに、最近なんだか臭い気がするという方は、食べ物が関係しているかもしれません。

アポクリン腺を刺激してしまう食べ物をご紹介します。

◆動物性たんぱく質や脂質

動物性たんぱく質や脂質を多く含んでいる食べ物を摂取することでアポクリン腺が刺激され、汗の分泌を促してしまいます。

◇動物性たんぱく質・脂質を多く含む食べ物

ステーキ、焼肉、ハンバーグなどの肉料理

バター、マヨネーズ、スナック菓子など脂分の多い食べ物

チーズやニンニクなどにおいのきついものにも要注意

◆リノール酸

動物性の脂分がだめなら植物性を、と思うかもしれませんが、こちらも摂取しすぎるとワキガのにおいを悪化させてしまいます。

◇リノール酸を含む食べ物

ナッツなどの種子類

ひまわり油、コーン油、大豆油などの植物油

よく使われているサラダ油もリノール酸が多い

◆アリシン

刺激臭がする食べ物に含まれていることが多いアリシンは酸化すると硫黄酸化物となり刺激臭の原因となります。

◇アリシンを含む食べ物

玉ねぎ、ニンニク、らっきょう、ニラ など

血行促進や疲労回復にも良いとされる玉ねぎも摂取しすぎると臭いの原因になります。

他にも辛い食べ物を食べたときに汗がたくさん出るということはこれもアポクリン腺を刺激しているということです。

ジャンクフードやインスタント食品も高カロリーのものが多く脂質も高いため、アポクリン腺を刺激し汗の分泌を促してしまう原因となります。

3.ワキガの臭いを抑える食べ物

食べ物だけでワキガを治すことはできませんが少しでも臭いを抑えることができる食べ物をご紹介します。

◆魚介類

魚介類にも動物性たんぱく質は含まれていますが、肉類と比べると圧倒的に少ないです。

肉中心の食生活の方は魚に置き換えてみるだけでもかなり臭いを抑えることができるはずです。

◆ビタミン

ビタミンA、C、Eには抗酸化作用があり、皮膚表面の雑菌の繁殖を防いでくれるので、汗と混ざった際の臭いを緩和できる可能性があります。

野菜に多く含まれているので積極的にとりたいものです。

◆大豆製品

大豆に含まれるイソフラボンにも抗酸化作用があり、臭いの原因である過酸化脂質を抑えることができます。

また、汗の分泌自体を抑える効果もあるためダブルでお得です。

他にも梅干しやお酢、海藻類などのアルカリ性のものもワキガの臭いを抑えるにはもってこいです。

4.まとめ

ワキガの臭いの原因となる食べ物をよく見てみると、ワキガの人が多いとされている欧米の食べ物であることがわかります。

日本人はもともとワキガの人が少なく、臭いを抑える食べ物を見てみると魚や大豆製品中心の日本食ですね。

食の欧米化によってワキガに悩む人が増えているので、今一度自分が食べているものを見直してみるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル大広告