妊婦さんがコーヒーを飲んではダメな理由は?どんな事に影響がある?

妊婦さんがコーヒーを飲んではダメな理由は?どんな事に影響がある?

妊娠がわかると、今までの生活や食生活などとは変わり、控えなくてはならないもの、やってはいけないものなど気をつけなければならないことがでてきます。

中でも案外意外だったのはコーヒーなどのカフェイン類です。本来コーヒーは適量であれば健康に良いとされているものなのに、妊婦さんにはコーヒーは良くないと知った時には、コーヒー信者の私としてはショックでした。

今日は、妊婦さんにコーヒーはなぜダメなのか、どんな事に影響してしまうのかなど正しい知識を知って、妊婦生活のお手伝いができたらいいなと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

コーヒー(カフェイン)とは?

コーヒーに含まれているカフェインの作用として、脳の覚醒としては眠気覚まし、疲労感の緩和、鎮痛や解熱としては血管の収縮、胃酸を出す、利尿作用などがあります。

カフェインは、コーヒーだけでなく他にも含まれているものがあるため、記載しておきます。

全て100ml(100g)辺りに含まれる量

カフェインを含む物は案外多くありますので、妊婦さんは成分が記載されている部分をチェックしてから購入していくことをおすすめします。

コーヒー(カフェイン)の影響は?

では、妊婦さんにはコーヒーがなぜ良くないのか?どんな事に影響があるのかを詳しく説明していきます。

❏妊娠中・出産時に影響

コーヒーの作用として、先程お話したようにカフェインには血管を収縮させる働きがあるため、胎盤へ送られる血液の量が減ってしまい、十分な栄養や酸素などが行き渡らなくなり、赤ちゃんの低体重、流産や死産などのリスクが高くなってしまう可能性があります。

1日1杯程度のコーヒーを飲む妊婦さんと、3杯以上飲む妊婦さんとでは2倍の確率で流産リスクが高くなり、また、8杯以上と大量にコーヒーを飲む妊婦さんは赤ちゃんが死産してしまうリスクが上がると言われています。

さらに、煙草とコーヒーを合わせて習慣している場合は、早産や未発達胎児などのリスクが明らかに見られるようです。

出産間近の後期にはお腹の膨らみから胃が圧迫されやすく、ただでさえムカムカしやすいのに加え、胃液が逆流してしまうなどの胃トラブルになってしまいます。

コーヒーの作用の1つ、利尿作用により、妊婦さんには必要なカルシウムの排出をしてしまう可能性も高まるので、赤ちゃんとママはカルシウム不足になってしまい産後にまで影響を与えてしまいます。

❏赤ちゃんに影響するカフェイン

大人は肝臓機能が完成しているので、カフェインを取っても上手に処理することが可能ですが、赤ちゃんはまだ臓器が未発達のため、ママが取ったカフェインは妊婦中の体内に入り、胎盤を通して赤ちゃんに行ってしまっても処理をすることができず、赤ちゃんに溜まって行ってしまいます。

私達大人は、1日で体内のカフェインを処理できますが、赤ちゃんは3日かかると言われているため、やはりカフェインは赤ちゃんに負担になってしまいます。

また、授乳中などもコーヒーを飲むと赤ちゃんに母乳からダイレクトにカフェインが入ってしまうため、なかなか寝てくれない、夜泣きがひどい、落ち着きがないなどの他、乳幼児突然死症候群のリスクも高まります。

カフェインには、タンニンという成分もあり、鉄との相性が悪いことからコーヒーなどのカフェインを飲むことにより、貧血になりやすくなってしまう事もあります。

コーヒーを妊婦さんが飲むことにより、このようなリスクがあるのですが、上手にコーヒーなどのカフェインと付き合って行けば、全く飲んではいけない訳でもありません。

コーヒー(カフェイン)との付き合い方

コーヒーなどのカフェインを取る量や、種類を選んでいくことで妊婦さんでもコーヒータイムを味わうことは可能です。

❏1日2杯までに抑える

日本ではまだ妊婦さんに対するカフェインの量は決められてはいないのですが、海外などでは1日200〜300mgまでと定めている国もあります。

1杯約15mgとして2杯までに抑えるよう意識していきましょう。

❏時間を考える

タンニンにより鉄の吸収が悪くなることから、食事やサプリなどの鉄成分が体内に吸収しきってから、約30分から1時間後にコーヒーなどのカフェインを取るようにしていきましょう。

❏胃の不調

妊娠後期などは何もしていなくてもお腹が圧迫され、胃が不調を発します。

そのため、少しでも胃の調子が悪いなどの時には、飲むことを辞めて様子を見てみましょう。

❏カフェインレス

最近では、カフェインレスのコーヒーなどが手軽に買えたりするので、たんぽぽ紅茶やコーヒーなどを選び飲むことも1つ息抜きになります。

また、カフェなどでもカフェインレスの物を用意しているところが多くなって来ているため、外に出掛けた際にも飲むことができます。

❏妊娠さんにおすすめカフェインレスラテ

カフェインが入っていない麦茶を使いラテを作ります。

濃いめに煮出した麦茶に豆乳か牛乳と砂糖を加えれば、麦茶ラテの完成です。

是非、試して見てください。

妊娠中は、コーヒーなどのカフェインを取る際には、量、タイミング、種類などを工夫していきましょう。

まとめ

妊婦中は、色々な制限などもかかることが多く大変な時期でもありますが、快適にストレスを溜めないことが何よりいい事なので、コーヒーなどのカフェインにも神経質になりすぎないように、上手に付き合っていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告