妊婦さんの冷えが影響することと、役立つ生姜の使い方

妊婦さんの冷えが影響することと、役立つ生姜の使い方

もともと冷え性だった人以外にも、妊娠を期に身体に冷えを感じるようになったり、つわりや体調不良でさらに思うように身体が動かない妊婦さんは少なくないようです。

特に冷えに関しては、冬の季節的なもの以上に夏場のエアコンなどによる冷えを感じている妊婦さんが多いようです。

妊婦に冷えと聞いて良い感じは勿論しませんが、実際にどんな事に影響してしまうのか、そこからお話していきます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

妊婦さんの冷え

まずは、どんな事に影響してしまうのか、実は今起きている不調も妊娠中の冷えが原因かもしれません。

妊娠するとホルモンバランスが変わるため自律神経が狂い出し、血流が悪くなる事や、お腹の膨らみから姿勢が変わり、骨盤周辺などに負担がかかり圧迫されやすくなることから血液がうまく回らないようになり、冷えの症状が出てしまうことが多くあります。

❏妊娠中

お腹の張り、腰の痛み、むくみ、足がつるなどの症状は、身体が冷えて血液が上手に循環できなくなっているために起きてしまう影響です。

また、血流が悪いことで起きる循環器の不調から切迫早産や切迫流産、冷えている事で居心地の悪さを感じお腹の中で赤ちゃんが動き回ってしまう逆子などの原因にもつながります。

❏出産、産後時

身体が冷えていると子宮周辺にも冷えが生じてしまい、出産時の陣痛の痛みや、陣痛が思うように強くならない微陣痛などにより、難産になってしまう可能性が高くなります。

産後にも、なかなか出血が止まらなかったり、母乳の出が悪いなどの影響がでてきてしまいます。

❏赤ちゃんには

冷えにより血流が低下してしまう事で赤ちゃんに十分な栄養がいかず、低体重、常位胎盤早期剥離の可能性が高くなってしまいます。

また、冷たい環境にいた赤ちゃんにも冷えの症状が出てしまう場合があり、手足が紫に近い色になってしまったり、肌にムラが生じるような状態になってしまう可能性があります。

このように、妊婦さんの冷えの症状が悪い影響を与えてしまう事が沢山あり、妊婦生活が快適に送れない事以外にも、出産時や赤ちゃんを育てる上でも影響がでてきてしまいますので、妊婦さんの冷えには対策が必要となってきます。

冷えの対策には生姜がおすすめ

本来であれば筋肉をつけるような運動など、代謝や血流の良くなる行動が効果的なのですが、

妊婦さんの冷え対策は色々と制限があるため、妊娠中は簡単に取ることのできる生姜がおすすめです。

❏生姜の使い方

生姜には主に2つの使い方があります。

<生の生姜>

生姜の成分、ジンゲロールは消毒や解熱といった、生姜を摂取し得た熱を外へ出す効果があります。

その為、身体の中心部を温める事には効果が薄く、身体の表面に熱を与えることはできるので、手足の先などの冷えには効果的です。

妊婦症状である吐気や頭痛、血流の悪さなどには生の生姜が効果的です。

また風邪などをひいて高熱などが出た場合は、風邪薬は妊婦さんは飲めないため生の生姜はとても役に立つ薬となります。

免疫力も上げてくれます。

<乾燥生姜>

生姜の成分、ジンゲロールは熱を加えたり乾燥させることで、ショウガオールという成分に変化します。

この成分が胃や腸を刺激して内蔵内が温まる事で、身体の中心部から温めることができます。

その為、身体全体の代謝をあげて温めることができ、胃や腸などの内蔵機能も上げることができます。

生姜の性質を上手に使い分けて、症状に合わせて使用することが大切です。

おすすめのお手軽生姜レシピ

酸素に弱い生姜を使う際には、直前に切ったり、擦りおろしたりすることが大切です。

❏泊湯+生姜

朝起きてすぐに飲む泊湯には、元々身体を温めて内蔵を目覚めさせる効果がありますが、生姜の力を加えるとさらにパワーアップします。

鍋などで水を沸騰させる際に薄切りにした生姜を2枚ほど入れ、火を止めて冷めるまで置いておき、泊湯の温度まで冷めたら飲みます。

簡単にできるので、おすすめです。

❏生姜たっぷり豚汁

身体を温めてくれる効果のある根菜類、ビタミンBの成分の豚肉も入っている豚汁と生姜は、最強の組み合わせになります。

たっぷりの根菜類、豚肉で豚汁を作り生姜を加えて出来上がりです。

栄養感あり、体も温まり冷えの解消効果がかなり期待できます。

 

妊婦さんの生姜扱い注意点

身体を温めるために効果的ではありますが、生姜の取り過ぎは胃や腸に刺激を与えすぎてしまう可能性があるので、あくまでも食事などに加える程度の適量を心掛けて摂取していきましょう。

また、今回紹介した生姜以外にも、妊婦さんでも可能なマタニティー用の運動や、バランスの良い食事なども大切な事です。

夏のエアコンなどの使用時には、寒くなくても足首、手首、首元など太い血管のある部分を冷やさないようレッグウォーマーやネックウォーマーなどを利用して調整していきましょう。

まとめ

妊婦さんの冷えは、妊娠中の辛い症状を悪化させてしまう可能性どころか、出産や産後まで悪影響がでてしまいます。

また、身体を中から温めるには乾燥生姜が効果的ではありますが、妊娠中の辛い症状には、生の生姜が効果を発揮してくれ、症状を和らげてくれます。

適量を程よく使い、妊婦生活を快適に過ごせるように冷えを取って行きましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告