唾液が臭くて気になってしまう。改善するためにする事は?

唾液が臭くて気になってしまう。改善するためにする事は?

なんとなく唾液が臭いような気がする。

でも、なかなか自分で自分の唾液のニオイがわからないこともあり、ただただ不安に思う日が続き、気にはしているけど歯を磨いてもフリスクのようなものを食べても一時的な感じがしてしまい、実際には確認しようがないですよね?

人と話したり接したりするときにも唾液が臭いんじゃないかと気になり、近くに行けなかったり、喋れなかったりしてしまうと、日常生活にも支障がでてしまいます。

今日は、そんな唾液が臭くて悩んでいる方に改善の仕方も含め、お話ししていきます。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

1.唾液とは?

唾液は私達の口内環境を健康に保つために、もっとも大切な働きをしています。

唾液はほぼ水分で、あとのほんの少しの1%ほどが免疫や抗菌作用、消化などに関係する成分が含まれています。

健康な状態だと、1日に大体1.5Lくらいの量を分泌すると言われています。

◆唾液の役割6つ

1.食べカスなどが歯や歯の間に入ってしまった場合や、歯垢などを洗い流す自浄の働きをしてくれている。

2.食事をした際に、でんぷんや酵素アミラーゼなどを分解し、消化の手助けをしてくれている。

3.唾液が持つ抗菌作用の成分が口内を健康な状態に保ち、細菌などが増えないようにしてくれている。

4.食事などをした際、口の中が酸性になることを防ぎ、歯を溶かすことなく虫歯になりにくくしてくれている。

5.唾液の粘性のムチンという成分が、声を出す際に粘膜を守ってくれている。

6.味などを感じたり、飲み込む、噛み砕くなどをスムーズにできるように助けてくれる。

唾液はこのような大切な役割をしてくれています。

よく、「擦り傷などはツバをつけておけば治る!」なんて言葉を聞いたことあると思いますが、このような唾液の働きから言われていたんですね。

では、唾液が臭い原因は何なのか?を見ていきましょう。

2.唾液が臭い原因は?

◆生理的口臭によるもの

朝起きたばかり、緊張した時、お腹が空いた時などは口内の唾液の量が減る事で臭いと感じます。

この場合は一時的なもののため、歯磨き、水分補給、食事などをする事で唾液が臭いと感じることはなくなります。

誰にでも起きる現象なので気にすることはなく、治療などの必要もありません。

◆食べ物や習慣によるもの

にんにくやネギなどの匂いやすい食材を食べたり、お酒や煙草などを習慣的にしている場合も一時的な唾液の臭さは気になりますが、時間が経てば臭うことはありません。

◆ストレスによるもの

緊張の状態と似ていますがストレスを感じてしまうと唾液が減り、口内が乾燥してし、臭いと感じる事があります。

また、自分の唾液が臭いと思い込みすぎて気にすることもストレスの状態になってしまいます。

◆病的口臭によるもの

消化器関係、呼吸器、鼻のどなどに病気があったり、肝臓疾患、糖尿などが原因の身体の不調からくるものや、歯周病、歯垢や歯石などが溜まっていたり、虫歯、舌が白くなり苔のようなものがついた状態の舌苔、唾液が少ない、入れ歯や歯の詰め物の手入れ不足などの口内の不調があげられます。

この場合は治療していく事で唾液が臭い状態を改善する事は可能です。

◆口腔癌によるもの

舌癌、頬粘膜癌などの癌が原因で、唾液が臭いと感じる事があります。

3.唾液が臭い状態を改善するには?

唾液が臭い原因がわかった事で、症状にあった対策や治療をしていけば改善していく事が期待できます。

◆口内を清潔にして健康に保つ

食事をしたり飲んだりする事はどうしても避けることはできないため、歯磨き、歯間ブラシ、口内クリーニング、舌を磨くなどして、口内を清潔にする事で唾液が臭いと感じてしまう事を改善することができます。

舌を磨く際は、舌専用のブラシで磨いてください。

また、歯ブラシなどにも菌が付くため、最低でも一ヶ月に1回は交換していきましょう。

◆ストレスオフにする

なかなかストレスオフにすることは難しいですが、ストレスを溜めない努力、ストレス解消方法などで、上手にストレスと付き合って行けるようにしましょう。

◆治療をする

口内を清潔にしてもストレスがなくても唾液が臭い状態がなかなか改善しない場合は、病的口臭の可能性があります。

一度唾液が臭くて気になる事をきちんと伝え、歯医者や内科などで見てもらう事をおすすめします。

4.まとめ

唾液のニオイがなかなか改善せず気になる状態は、何かしら不調があるサインの場合もあります。

臭いかも、と思うだけで日常生活も快適に過ごせなくなってしまい、更にストレスを溜めてしまう事で悪循環になる可能性もあります。

口内を清潔に保ってみてもなかなか改善しない場合は、無理をしないで専門医に行き検査などをしてもらいましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告