皮膚にもカビ?!その原因とは?

皮膚にもカビ?!その原因とは?

「カビって食べ物や、お風呂場などでしか発生しないんじゃないの?」

「まさか、人間の皮膚にもカビって発生するの?」

と思っている人は多くいると思いますが、私達の皮膚にもカビは発生します。

最近、皮膚が痒かったり湿疹のように赤くプツプツ出てきたり、なんだか皮膚の調子が良くないのは、もしかしたら皮膚にカビが発生しているかもしれませんよ!

今日は、皮膚カビについて詳しくお話ししていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

1.皮膚カビが原因の症状は?

夏の紫外線や汗などで皮膚は疲れやすくなり、皮膚免疫が低下しやすい秋頃から皮膚にカビが発生しやすくなります。

皮膚に発生するカビはマラセチア菌といい、通常私達の皮膚にいる常在菌なのですが、皮膚免疫が落ちてくる秋頃から増えやすく、皮脂や汗などが増加することで発生しやすくなります。

代表的な症状をご紹介していきます。

◆アラセチア毛包炎(もうほうえん)

胸や背中、腕、肩などの毛穴部分に赤くポツポツと湿疹のようなものができ、痒みがあります。

症状が悪化すると赤いブツブツが増えていき、膿をもつようになることがあります。

汗や皮脂が溜まりやすい場所にできやすく、思春期に特に出やすい症状です。

また、皮脂バランスが崩れやすい抗生物質やステロイドなどを使用した事が原因で症状が出てしまう場合もあります。

加齢臭の原因になるのも、アラセチア菌です。

◆脂漏性湿疹(しろうせい)

脂質が多い場所にみられる湿疹で、鼻の脇や耳裏、胸部分や脇、陰部などに炎症が起きやすいです。

常在菌マラセチアが原因とされていて、成人に多くみられる症状です。

カサカサしたような感じが伴う場合が多く、寒い季節の乾燥や低温、ストレスや疲労などが原因でもおこりやすくなります。

◆アレルギー性湿疹

アトピー性皮膚炎が酷くなる原因は、アレルギー性湿疹からのカビが原因と言われています。

強烈な痒み、赤い湿疹やかぶれなどを伴います。

2.皮膚カビの原因は?

皮膚カビの原因は皮脂や汗だと言われていますが、日常生活で原因となっていることを上げていきたいと思います。

思い当たるものがあれば、皮膚のチェックをおすすめします。

◆洗顔のしすぎ

皮脂が気になり、洗顔を過剰にやることで乾燥を招き、乾燥した皮膚を修復しようとまた皮脂を出すと言う悪循環になり、これがカビの原因になっている可能性があります。

顔や体を洗う際は、ゴシゴシと擦らず細かい泡を立て優しく包むように洗いましょう。

ナイロンのタオルなどでゴシゴシと強く擦る事で皮膚の角質が傷つき、皮膚バリアが保てなくなってしまいますので気を付けましょう。

◆タオルや寝具は清潔に

顔や体を拭くタオルや枕カバーなど、直接皮脂に触るものは特に頻繁に洗濯をし清潔に保ちましょう。

菌が繁殖しやすいためタオルの使いまわしもNGです。一回ごとに変えましょう。

◆化粧パフ

案外マメに出来ていないのが化粧パフ。

パフも直接皮脂に触るため、菌が繁殖しやすくカビの原因になります。

週に1回は洗浄し、きちんと乾かしてから使用していきましょう。

◆睡眠時間・不規則な生活

肌を修復してくれるといわれているゴールデンタイムの22時から2時の時間帯に十分な睡眠ができていますか?

皮膚の修復だけでなく睡眠不足は皮脂を増やしてしまう原因にもなりますので、睡眠時間の確保を心掛けて行きましょう。

◆偏った食生活

脂っこい物、糖分の高い物が中心の食生活になっていませんか?

決まった時間にバランスの取れた食生活を送ることで皮膚免疫を低下させずに、皮脂分泌も乱れることを防ぐ事ができます。

野菜中心を心掛けて、ビタミン類もバランス良く取って行きましょう。

◆入浴

シャワーだけで済まさずきちんと湯船に浸かり、皮膚の皮脂や汗を綺麗に洗い流しましょう。

簡単にシャワーだけで済ましてしまうことで、皮膚の皮脂や汗を残してしまう原因になります。

忙しくても毎日湯船に浸かりましょう。

◆ストレス・疲れ

ストレスや疲れが溜まりすぎると皮膚免疫も下がり、皮脂や汗を過剰に出してしまう可能性があります。

なるべく溜まりすぎないように息抜きを心掛けて行きましょう。

3.皮膚カビだと思ったら

なかなか治まらない痒みや湿疹、皮膚の免疫が低下しているような症状が続く場合は、皮膚科などに行き専門医に見てもらいましょう。

基本的に皮膚にカビが発生してしまった場合、自然治療で良くなる事は難しく、症状が悪化してしまう場合があります。

治療は主に抗真菌薬が使われるようですが、症状によっては飲み薬も処方される場合があるようです。

また、マラセチア毛包炎は繰り返し発生してしまう可能性があるので、きちんとした治療と対策を専門医から指導してもらいましょう。

4.まとめ

皮膚にもカビが発生するという恐ろしい事実がわかり、現在の自分の皮膚トラブルがもしかしたらカビかもしれないと思ったら、すぐにでも皮膚科へ行き専門医に見てもらいましょう。

皮膚のカビやトラブルの原因を取り除くためには、普段から皮膚は勿論、皮膚に触れる環境も清潔に保って行く事が大切です。

また、過剰な洗顔などは逆に皮脂を増やしてしまう原因になりますので、正しい洗い方をしていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告