睡眠の質を良くするための改善方法

スポンサーリンク
レクタングル大広告

睡眠のメカニズム

日本人はほかの国の人より睡眠時間が1時間程度短いのはご存知でしょうか?日本人は働きすぎているなんて言われます。

しかし、近年はストレス社会ともいわれており、なかなか熟睡することができずに、眠く体がしっかり起きてないまま仕事に出るという状況の人が多いのではないでしょうか。

その状態が続き、いわゆる睡眠障害の状態に陥ってしまいます。

では、そもそも睡眠するということは体がどういう状態なのかを知る必要があります。

睡眠(寝る)ということは、医学的に言うと意識を失ったり覚醒したりの繰り返しをすることとなりますが、簡単に言うと深い眠りと夢を見ている状態を繰り返していることを言います。

睡眠をするということはノンレム睡眠と言われるうとうとした状態から徐々に深い眠りに入り、また浅くなり夢を見ている状態のレム睡眠に入ります。

これを90~110分の周期で5~6回繰り返し朝になります

この周期がうまくいき、レム睡眠の時に適切な起き方で目を覚ますとすっきり起きることができるようです。

では、質の良い睡眠が取れると体にどのような影響があるのでしょか?次にご説明しようと思います。

睡眠の効果

仕事から帰ってくたくたで、お風呂に入って眠くなったからお布団に入るとすやすや眠れます。

では仮にとても質の良い睡眠がとれた時に起こる体の効果をご説明しようと思います。

深い睡眠が取れていると体の中では、疲れた体を癒そうとします。心と体を癒すために問題のある場所をこの睡眠時に治そうとします。

治して翌日の行動に支障が出ないようにしようと努力しています。

そして、この時にこの日に会った人や自分の身に起きた出来事を脳に刻み込もうとしています。

完全に深い睡眠に入ると外部からの刺激をまったく受け付けなくなり脳も体も完全に休んでいる状態になります。

この深い眠りを良くすることで成長ホルモンが多量に出るためその効果によって子供の場合だと身長が伸びたり身体機能が挙がるようになります。

他にも傷を治そうとしたり肌が新しく生まれ変わろうと動いていきます

こうして次の日朝が来て目が覚めると疲れも取れて肌の調子がよくなっていたり傷が治りかけていることがあるんですね。

この効果を持続するために何を改善するべきか改善方法をご紹介していこうかと思います。

質の良い睡眠のために改善すること

質の良い睡眠は、深い眠りにつくことができることいわゆる熟睡することです。

熟睡することは若いころには長い時間取れるのですが、年を重ねるごとにだんだん熟睡することができなくなってきます

そのためには、何をすればよいのかご紹介します。

まずは、起きる時間を統一します。休みの日、平日関係なく一緒にするのです。

6時に起きると決めたら、日曜日でも前の日に少し夜更かしをしてしまっても必ず起きるように習慣づけるようにします。

すると、最初は起きるのがつらかったのが起きる時間のことを考えて体内時計が動き始めます。眠くなる時間も早くなり夜更かししなくなります。

そして、朝起きた際には必ず部屋のカーテンを開けて太陽の光を浴びてください。そうすることで体内時計がその日の睡眠時間に向けて体をセットしてくれます。

人の体は太陽の光を浴びたら14時間後に眠くなるようにセットしてくれるようです。この効果を活用して生活を改善していきます。

そして、仕事から帰ってきたらお風呂に入ると思います。この時にも睡眠の質を改善するためのポイントがあります。

お風呂を入るのは必ず湯船にゆっくりつかるようにします。熱いお湯ではなく、ぬるめの温度で入ると良いとされています。

時間がない時には足湯で足首まで温めることでよい睡眠へ体をもっていくことができます。リラックス効果を高めるのであれば好きなアロマオイルなどを使うのもおすすめです。

そして、お風呂から出たら体を冷やさないようにして寝る前の30分~2時間前には部屋を暗くしてリラックスして布団に入ると良いです。

明かりも真っ暗にしてしまうと寝付くことが出来なくなってしまうことがあるので、間接照明を足元だけにするなど睡眠に支障がない程度に明かりを使うと良いとされています。

布団に入ったらスマホやテレビは絶対に触らないようにしましょう。ブルーライトによって覚醒してしまうため注意が必要です。

上記の改善点を参考にしていただくと睡眠の質をよくして次の日のコンディションを整えましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告