睡眠の質が落ちると体にどのような影響があるのか

スポンサーリンク
レクタングル大広告

質の良い睡眠がとれることのメリット

生きている上で睡眠をとることはとても大切なことです。

しかし、睡眠の質が良くないと疲れが取れないとききます。

では、質の良い睡眠とはいったい何なのか、ご説明しようと思います。

質の良い睡眠とは、外の刺激に影響されない深く安定した睡眠がとれることを言います。これを一般的に熟睡と言われています。

熟睡することが十分にでき質の良い睡眠がとれると、たとえ短い時間であってもすっきりと起きることができて行動に支障をきたさない状態になります。

女性の場合は、体の調子だけでなく肌の調子も良くなり化粧のノリも良くなります

このように、質の良い睡眠がとれると精神的にも身体的にもコンディションがよくなるため仕事の効率も上がります

しかし、この睡眠の質が落ちることで体にどのような影響があるのか、次の項目でご説明しようと思います。

睡眠の質が落ちると起こること

睡眠の質が落ちるということは、寝不足になってしまうということです。

この場合の寝不足は睡眠時間だけでなく睡眠の質が落ちて深く眠ることができていないということになります。

そうなると、体は十分に休めていないため体の調子が悪くなってしまいます。

この状態がずっと続くと体は疲弊してしまい、自分で傷を治す自然治癒力や免疫力も落ちてしまい抵抗力がなくなってしまいます

他にも、乳幼児~青少年の期間では身長が伸びなくなったり身体の能力の違いが出てきます

そして、成人には消化器にも不調が出てきてしまい気分が悪くなったり胃がいたくなったりと様々な症状が出てきます

体の循環も悪くなってしまうので顔がむくんだり顔色は悪くなってしまいます。

集中力や記憶力も落ちてきてしまい勉強や仕事にも支障が出てきてしまいます

精神的にも不安定になってしまうため常にイライラしてしまい些細なことで人に当たってしまったり不機嫌な態度をとってしまうため人間関係にも影響が出てきてしまいます

身体的・精神的に症状が出始めてもそのままにしておいてしまうと次の段階に進んでしまいます。

睡眠不足になることで肥満になりやすくなります。起きている時間の方が長くなることで食欲を上げてしまうホルモンが多く出てしまうことで食べすぎます。

すると、休めていない体に消費できないだけのカロリーを与えてしまうと肥満になるだけでなく、糖尿病・脂質異常症などにもなってしまいます。

そして、体中の欠陥も脆くなってしまうため心筋梗塞や脳卒中などの血管障害が出てきてしまいます。

そうなると、睡眠障害などだけではなく死のリスクまで高くなってしまうので睡眠の質を改善することがとても大切になるのです。

では、どのようにしたら睡眠の質が良くなるのか寝る前には避けるべきことをお教えしようと思います。

睡眠の質を上げるために寝る前に避けること

仕事から帰ってご飯も食べてお風呂上りには冷たいビールなどを飲む方が多いのではないでしょうか?

冷たいビールを飲んでいると眠くなってきます。でも、ビール片手に寝てしまうのはダメなのです。

アルコールというのは、入眠効果はありますが眠りを浅くしてしまうため寝酒や深酒などは睡眠の質を落としてしまうので避けた方がよいでしょう。

他にも、寝る前には熱いお湯に浸かってしまうことは、体に強い刺激を与えてしまい目がさえてしまうのでよくないとされています。

そして、このデジタル社会の現在ではスマホを良く見る人は多いのではないでしょうか?

しかし、スマホだけでなくパソコンやテレビもブルーライトが出ており目を覚ましてしまうほどの刺激となってしまうためよくありません。

ですので、スマホ等の電子機器は寝る前の1時間前には片付けて静かに心を落ち着かせて過ごすことをおすすめします。

上記に挙げたことに注意して寝る前の環境を整えることで質の良い睡眠をとれるようにしてしっかりと体を休めてください。

スポンサーリンク
レクタングル大広告