胃もたれとゲップが頻繁に起こる原因は?

胃もたれとゲップが頻繁に起こる原因は?

会社や友人との付き合いで、年末年始などには特に増えてくる飲み会や食事会などに参加しなければならないのに、最近胃もたれやゲップの症状があって不調を感じてる方は少なくないとおもいます。

胃もたれとゲップの症状で、食事をしていなくても不調を感じたり、常にお腹が張っていて食事を取る気にならないなど…

症状は人それぞれですが、その不調の原因を知って早めの改善をしていかないと大変な事になってしまう可能性もゼロではありません。

今日は、そんな症状で苦しんでいる方に原因と何に気をつけていけばいいのかなど、お話していきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

胃もたれとゲップ

通常、健康な人でも普通にゲップは出ます。

ゲップは、食べ物を食べたり、飲んだりする時に自然と空気も一緒に体内へ入るため、胃に入り込んだ空気を外へ出そうとする時に起こります。

しかし、ゲップだけでなく胃もたれ、胃痛、胸焼け、などの症状が伴う場合は少し注意が必要です。

胃が弱っている状態だと、胃の収縮がうまくできないため通常胃に入ったものは、体の下へと運び出される仕組みになっているのですが、

胃の収縮がうまくできずに固くなった状態だと胃に入ってきた物は下へといかず

胃と食道のつなぎの部分で渋滞のような状態になり、食道の方へ上がってきてしまう状態「逆流性食道炎」となり、ゲップの回数なども多くなります。

では、何故このような状態になってしまうのか原因を上げていきます。

胃もたれとゲップの原因と対処法

自分に当てはまる原因はどれなのかをわかることが大切です。

❏ストレス

胃はすごくデリケートな臓器のため、身体、心にストレスが溜まってしまうと正常に機能ができなくなってしまいます。

胃もたれやゲップの原因は、ほぼストレスとも言われています。

その他の症状として、胃が張る、胃のつかえ、食欲低下、嘔吐、便秘、下痢、おならが多くなる、便をしてもスッキリしない、イライラ、胸や脇の張り、生理不順、喉の違和感などが伴う場合があります。

<原因の対処法>

ストレス社会と言われるほどの現代社会では、ほぼストレスゼロにする事は難しい状態です。

なるべく、自分自身にとってストレスになる事から離れる、流す方法を身につけるなどしていって、ストレス解消法や息抜きの時間を持って行きましょう。

対処法には以下の記事もおすすめです。

ストレスの原因を知って自分に合った解消法を見つける

❏暴飲暴食

過度な食べ過ぎや飲み過ぎなど、胃に優しくない事をすると胃の働きを低下させてしまい胃酸が多く出てしまうため、胃もたれやゲップの原因になってしまいます。

胃が不調なまま、食べたりする事で胃には物が消化出来ずに残ってしまうため胃にかかる負担が大きくなり、胃酸、胆汁などが食道に上がってきてしまい、逆流性食道炎の症状やゲップが多くなります。

その他の症状として、酸の効いた腐臭のゲップ、お腹の張りと痛み、食欲低下、嘔吐、悪臭のおなら、下痢、便秘などが食後に起る可能性が多くなります。

<原因の対処法>

過度な食べ過ぎや飲み過ぎに気を付け、腹八分目を意識して良く噛みながらゆっくりと食べる事が大切です。

美味しく快適に食事を取ることが重要で、胃に負担をかけないようにするためには、暴飲暴食以外にも、十分な睡眠時間の確保も必要になってきます。

❏空気嚥下症(くうきえんげしょう)

唾液を飲み込んだり、食べ物を食べる時に必要以上に空気を一緒に飲み込んでしまっているため、胃もたれやゲップの症状がでてしまいます。

またはストレスによる原因が主に考えられますが、噛みしめる癖があったり、ストレスによる無意識な噛みしめなどで、空気を唾液と共に沢山飲み込んでいる可能性が高いです。

その他にお腹の張り、お腹の不快感、胸焼け、頭痛、肩こり、目の不調、ふらつき、歯肉炎、吐き気などを一緒に症状として感じる事があります。

<原因の対処法>

この症状の場合も、ストレスをなるべく溜めない生活に気を付けていく事と噛みしめていると気づいたら辞める事や、マウスピースなどを使って噛みしめの行動を和らげることが大切です。

このような原因と対処法がありますが症状がひどくなかなか良くならないときは、内科もしくは消化器内科などに行き検査、相談などを医師としながら改善していく事をおすすめします。

胃もたれやゲップだと軽く考えずに、症状を放置する事で最悪の場合悪性腫瘍などの原因にもつながる可能性がありますので、自分の体調を良く観察しながら判断していきましょう。

まとめ

規則正しい生活は、食事をしないなどではなく、決まった時間に適量を3食きちんと取ることが大切です。

ダイエット中の方には以下の記事がおすすめです。

ダイエット中には欠かせない食事制限の正しい方法について

お付き合いなどもあり、思うようにできない場合もあるかもしれませんが、胃もたれやゲップは体の助けの合図だと思い、無理をしないように自分自身で調整しなから対処法や治療をしていくことが大切です。

ストレスをなるべく溜めない、規則正しい食生活、睡眠を心掛けて自分の身体に優しくしていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告