ストレスが起こる原因と対策

そもそもストレスとは?

近年ストレス社会と言われストレスが溜まってしまって…なんて言うことが多く聞かれるのではないでしょうか?

では、ストレスとは一体何なのかご存知でしょうか?

ストレスとは、生きていると受ける外からの刺激やプレッシャーなどを受けることで体や心に影響がある状態をストレスと言われています。

生活上のプレッシャーを感じて不快に思うこととも言われています。

ストレスにも種類があります。例えば、何か目標を立ててそれを達成するために努力し、満足する成果を得ることを良いストレス

例えば、好きな人に振り向いてほしくて一生懸命きれいになるために頑張ることや、妊娠をするために体調を整えたりすること等が挙げられます。

そして、ただひたすらに実行している行動が苦痛を感じており、今すぐにでもやめてしまいたいことを悪いストレスと言われています。

悪いストレスとしては、実行すればするほど自分を追い詰め苦しめてしまって、最悪の場合病気になってしまうことが挙げられます。

そして、良いストレスにも、悪いストレスにも発生する原因があります。

ストレスが起こる原因

与えられるストレスのことをストレッサーと言われており、ストレッサーによって身体に影響が出てきます。

そして、ストレッサーにも種類があります。

季節の変わり目による温度差や天気によって起こる変化・騒音だったり人込みなどを物理的ストレッサーと言われています。

工場などの煙や薬を服薬したりすることで起こるストレスを化学的ストレッサーと言います。

他にも、人間関係や仕事や家庭での問題によるストレスの発生を心理的・社会的ストレッサーと言われています。

このように、ストレスといってもストレッサーによって感じるストレスは異なってくるのです。

上記のことを考えると、ストレスが起こる原因には人それぞれあるのではないでしょうか?

仕事がうまくいってなくて仕事をしたくない。同僚や先輩に苦手な人がいてそれが苦痛だとか、ただ暑くて苦痛だとか、人によって原因は違います。

中には、その苦痛を良いものとして自分に試練として課し前向きにとらえる人もいます。

そういう人はストレスをコントロールしているため、感じているストレスは違っていると思います。

では、これらのストレスを軽減するためにはどのようなことをすればよいのかお話ししようと思います。

ストレスを軽減するための対策

対策と言っても人によります。自分に合うストレス対策を見つけていただくための参考にしていただければと思います。

例えば、仕事をしていてなかなか体が動かせなくてストレスが溜まっているといったアクティブな方には、ジムに通うや知り合いたちを集めて何かスポーツをすることで汗を流しストレスを軽減するのがよいのではないでしょうか。

逆に、インドアな方は家でも何かできることはないかと思いますよね。

そういった方には例えば、アロマキャンドル等を使用して間接的な明かりを作り部屋を暗くした状態で座禅や瞑想をすることで心を落ち着かせたり

写経をして無心で一つのことに集中するなど静かに過ごすといったことも対策としては良いかと思います。

まず、自分が何のストレッサーによってストレスを感じているのかを見つけ出し、自分に合った対策を練ることで健康的な生活を送っていきましょう。