ストレスの原因を知って自分に合った解消法を見つける

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ストレスの原因を知って自分に合った解消法を見つける

ストレスの原因にも種類がある

一言にストレスの原因と言っても種類があるのをご存知でしょうか?

ストレスとは外からの刺激によって起こる体の変化を言います。

刺激の中には、天気による環境の変化で起こる環境的要因と疾患や睡眠不足といった体に起こる刺激からなる身体的要因、不安や悩みからくる心理的要因、仕事が忙しくてツライや人間関係がうまくいってないなどの社会的要因があります。

こういった要因から感じるストレスは異なり、解消法がかわってくるのではないでしょうか?
人によっては上記に挙げたストレスがよいものと考え、プラスに考えることで自分自身の糧にし行動力にしている人もいるようです。

しかし、人によってはプラスにばかり考えることはできないので解消法をご紹介しようと思います。

ストレスがたまると起こる症状

上記に挙げた刺激によってストレスが起こります。そのストレスが体に蓄積すると、いろいろな症状がでます。

心にストレスがかかると、やる気がなくなったり、イライラしやすくなります。ほかにも不安を強く感じるようになってしまいます。

他にも、体には体の痛みや肩こり、腰痛、目の疲れ、ドキドキするのを感じたりちょっとしたことで息が切れたりします。

胃が痛いや気分が悪くなったりと言った消化器症状が出たり、眠れなくなったりします。

ストレスがたまることで行動にも影響がでます。例えば、お酒やたばこの量が増えてしまったり、仕事のミスが増えることもあります。

そして、車の運転にも集中できなくなり事故を起こしてしまうこともあるのです。

このような症状が続くと本格的に悪化してしまい疾患につながってしまいます。例えば、胃潰瘍や十二指腸潰瘍・うつ病や急性ストレス障害(ADS)といった疾患になり病院へ通院または入院する必要が出てきます。

症状が続く際には精神科や心療内科に相談し早期の症状回復に向けて行動する必要が出てきます。

まずは、症状が出る前に自分に合った解消法を知り、ストレスを軽減してもらえたらと思います。

ストレス解消法について

ストレスを解消するといっても無暗に試すのではなく、今自分がどんなストレスを抱えているのか原因を知ることが必要です。

原因を知り、すぐに解決できることであれば解決することをおすすめしますが、原因によっては解決できないことはあると思います。

では、たまったストレスを解消する方法を探して別の方法で解消することが必要です。

例えば、まったく関係のない第3者に自分が抱えているストレスについて話してみるのはどうでしょうか?

自分でぐるぐると考え落ち込むというより、話すことで第3者の声も聞いてみることで新しい解決方法が見えてくるかもしれませんね。

話す人がいないという方は、何か紙や日記などのノートに書くことですっきりすることもあると思います。

他にも、自分の大好きな食べ物をたくさん食べてみる。といったいわゆる自分にご褒美といったこともおすすめですね。

好きな食べ物を食べることで、幸せな気分になりストレスがどこかへ行ってしまうのではないでしょうか。

そして、体に症状が出ているのであればマッサージやヘッドスパなどのリラクゼーションなどを活用してストレスを解消するのも良いかと思います。

体を動かすのが得意という方は外で精いっぱい汗をかきながら体を動かすことで汗と一緒にストレスも流れて行ってしまうのです。

このように人によっても解消法は異なってくるので上記を参考にしていただき、自分に合ったストレスの解消法を見つけていただけたらと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大広告