【ストレス解消】ストレスに効果的な最もおすすめの食べ物はガム!?

【ストレス解消】ストレスに効果的な最もおすすめの食べ物はガム!?

小さい頃食事の際に、「良く噛んで食べなさい!」と言われたことがある方は多いのではないでしょうか?

なんとなく、良く噛みなさいと言われてご飯は良く噛んで食べることが良いとされていましが、実際になぜ良く噛むことが良いのか、どんな効果があるのか?までは認識している人はいないのではないでしょうか?

メジャーリーガーの試合や、サッカーなどの試合をテレビなどで見ていると選手がガムを噛みながらプレイしている場面が映ったりしますが、ただガムを食べたいから噛んでるのでは無いんです。

なんとなく、ガムを噛みながらの行動はお行儀が悪いや不真面目なイメージを持たれてしまいがちですが、プロの選手達が試合中にガムを噛む行動には、ちゃんと理由があります。

ガムはストレス解消だけでなく健康に非常に効果のある食べ物です。

そのためスポーツ業界でけでなく歯科などの医療機関でも多く用いられています。

今回はそんなガムを噛むと期待できる効果についてお話ししていきたいと思います。

またストレス解消におすすめのガムの種類もご紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル大広告

ガムを噛むことで得られる効果

◆ストレス軽減・解消、集中力向上

ガムなどを噛むことで、コルチゾールというストレスホルモンが低下するため、ストレスも軽減され、ストレスが減ったことでリラックスができるようになり集中力が向上します。

また、噛むことで幸せホルモンのセロトニンが十分に分泌されることからストレス軽減の効果がみられます。

ストレスが気になる方はこんな記事も参考にしてみてください。

参考記事:【最悪の場合も】ストレスが原因のいびきは無呼吸症候群になりやすい

◆判断力向上

ガムなどを噛むことで、脳に血のめぐりが良くなり判断力が向上します。

◆胸焼けの改善

ガムを噛むことで、唾液が増え食べ物や飲み物が食道を通過しやすくなることで、酸が中和され胸焼けなどの症状を改善してくれます。

この際、フルーツ味のガムは胃酸を増やしてしまう可能性があるため避けるのが無難です。

◆生活習慣病やガン予防

ガムを噛むことで、唾液が多くなります。

唾液中に含まれるペルオキシダーゼという物質は、発がん性物質が作り出す活性酸素を消してくれる効果があるため、ガムを噛んで唾液を多くする事でガン予防になります。

また、活性酸素を減らす効果とストレスホルモンの低下などの効果から脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化、糖尿病予防にも効果的だと言われています。

◆免疫力の向上

副交感神経は、白血球の中のリンパ球をコントロールしてくれます。

副交感神経はガムを噛むことにより、刺激されリンパ球を増やして免疫力を高めてくれます。

副交感神経が優先されることから、自律神経が調節され精神的ストレスだけでなく身体的ストレスも減少効果が期待できます。

◆口臭予防

ガムを噛んで唾液を出すことで、消臭、雑菌効果になり口臭予防になります。

唾液が出ない状態になると、口の中の歯垢や食べカスなどの細菌が揮発性ガスを発生させる事で、口臭の原因を作ります。

口臭が気になる方にはこんな記事もおすすめです。

参考記事:【口臭の原因】舌の臭いを歯磨きと一緒に改善する方法

◆美容効果【ほうれい線予防】

ガムを噛む事で、口周りの筋肉を鍛えることができシワやたるみ、ほうれい線予防になり効果的です。

◆ダイエット効果

ガムを噛む事で、ノルアドレナリンという味覚を刺激する物質が分泌され、細胞が活発になり熱エネルギーの働きが良くなる事で脂肪燃焼に効果的です。

また、多感神経が刺激される事で満腹中枢が働き食事制限ができたり、内臓脂肪の分解をしてくれるため、無理な食事制限などのストレスを感じることなくダイエット効果になります。

ガムを噛むことで、唾液が出でこのような効果が期待できるのです。

唾液は、緊張やストレスなどで交感神経が優位になってしまうと減少してしまいす。

現代では、食べ物が柔らかく食べやすくなっていることから1食辺りに噛む回数は約600回とされていますが、食べ物を加工出来なかった弥生時代では、1食辺りに噛む回数は約4000回だったと言われています。

私達は、毎日物を食べる際に噛むことをしているのですが、食事の時だけでは噛む回数が足りない為、手軽に噛む事ができるガムが効果的なのです。

スポーツ業界でガムが用いられている理由

ガムを1回噛むことにより、脳に3.5mlの血液が流れると言われていて、噛むことで脳への血管に圧力がかかり血流がよくなります。

その結果、反射神経、記憶力、判断力、集中力が高まることや、ストレス軽減になると言われています。

ある実験では、ガムを噛む前と後では、集中力や記憶力などが良くなってストレス軽減になるという結果がでているそうです。

また、良く噛むことは認知症予防などにも良いとされています。

βアミロイドという認知症を引き起こすきっかけになる物質は、噛む回数が少ないほど多くなるようです。

ストレス解消に効果的なガムの食べ方

◆毎食後に食べる

1日3回、基本的には毎食後に5分以上ガムを噛むことが効果的です。

歯に良いとされているガムには適切に噛む時間が書かれていたりします。

リカルデントには2個で20分程度と記載されています。

◆しっかり左右交互に噛む

食事なども一緒ですが、片側だけて噛まず左右交互に噛むことで顎の筋肉のバランスがよくります。

顎の筋肉がバランス悪くなると、顔の歪みや頭痛の原因などの恐れがありますので左右交互に噛む事を心掛けましょう。

ストレス解消におすすめのガムの種類

ガムといっても、様々な種類があり何を選べば良いのか迷ってしまいますよね?

どんな、ガムが効果的なのかガムの種類をご紹介していきます。

◆キシリトール

ガムの種類で1番聞き覚えがあるキシリトールは、白樺や樫の木などの原料で作られているため天然素材の甘味料です。

・酸を作らない

・ミュータンス菌という虫歯の原因菌を減らしてくれます

・歯磨きをした際に、歯の表面についた細菌などを落としやすくする

・再石灰化を防止してくる

◆リカルデント

この種類も聞いたことがある方はいると思いますが、リカルデントは牛乳のタンパク質から作られています。

・エナメル質の浸透を促し再石灰化を助けます

・リン酸とカルシウムを閉じ込めて、脱灰を抑えてくれます

◆ポスカム

じゃがいもから作られたオリゴ糖なので安心です。

・唾液の性状を改善してくれ、再石灰を効率的に促してくれます

・口の中を酸性から中性に改善してくれ、脱灰を抑えてくれます

◆ロイテリア菌

人由来の乳酸菌で作られています。

虫歯や歯周病の原因菌を減らしてくれます。

自分にあった効果が期待できるガムの種類を選べるように、上記の種類を参考にしてみて下さい。

まとめ

ガムを噛むことで、ストレス軽減や免疫力向上などの様々な効果が期待できるうえに、いつでも気軽に手に入り食べる事ができます。

ストレスや空腹感などの解消という効果が期待できるからといって、過剰摂取することは身体に悪い影響を与えてしまう可能性があるので、1日の適量を摂取しながら基本の良い食生活も心掛けて、健康でストレスオフの環境を作っていきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大広告